「ギャロップダイナ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
出典資料上で岡部はGD鞍上の選択肢としては言及されていない。ほか誤記修正など。
(引用であるという意味があってこの区切り方をしています)
(出典資料上で岡部はGD鞍上の選択肢としては言及されていない。ほか誤記修正など。)
=== 戦績 ===
==== 条件馬時代 ====
[[美浦トレーニングセンター]]の[[矢野進]]厩舎に入り、1982年7月の[[新潟競馬場|新潟開催]]でデビュー。本開催デビュー馬の筆頭格と目されていたプロメイドを破って初戦勝利を挙げた<ref name="yushun8905" />。矢野は翌年の4歳クラシックへの期待を寄せたが、しかしその後は「精神面と肉体的成長のバランスがあわ」ず(社台ファーム早来場長・[[吉田勝己]])、伸び悩む<ref name="yushun8512" />。2勝目を挙げたのは5歳となった1984年1月の[[ダート]]競走で、以後しばしダートを主体に使われる<ref name="yushun8905" />。4月に中山で3勝目、5月には東京で1600メートルを1分35秒5のレコードタイムで4勝目を挙げ、夏には北海道開催で2連勝を挙げた<ref name="yushun8905" />。
 
6歳となった1986年からは重賞に顔を出しはじめ、2月のダート重賞・[[フェブラリーステークス|フェブラリーハンデキャップ]]で2着。春には芝の重賞・[[京王杯スプリングカップ]]でも3着となり、GI・安田記念で5着と健闘した<ref name="yushun8905" />。充実期に入ったとみた陣営は、夏に得意のダートで態勢を整えたのち、順調ならば年末の有馬記念を最大目標とする計画を立てた<ref name="yushun8512" />。
 
安田記念の次走に出走した札幌日経賞ではスタートでバランスを崩して騎手の[[東信二]]が落馬。そのまま馬群について走ったギャロップダイナは、最終コーナーで[[脚質#逃げ|逃げ馬]]に並びかけると、デリンジャーアモンに1馬身半の差をつけ、レコードを0.2秒上回る推定1分49秒9というタイムでゴールを通過<ref name="yushun8905" />。落馬失格のため、正式な結果は「記録無し」ではあったが、「カラ馬が1着」と話題をまいた<ref name="yushun8905" />。続く道新杯では改めてレコードタイムで走破しての7勝目を挙げると、続く2戦を連続で2着とした。その後、矢野はギャロップダイナを自己条件戦の府中ステークスへ回ことを考えていたが、社台ファーム総帥・[[吉田善哉]]が急遽天皇賞(秋)への出走を決定<ref name="yushun8905" />。「チャンスさえ与えれば花開く可能性がある。それがノーザンテーストの血だ」というのがその言であった<ref name="yushun8905" />。一方、この競走で手綱をとる[[根本康広]]によれば、「シンボリがルドルフを出してきた。それならダイナも何か出そう」という事情であったという<ref name="yushun9112">『優駿』1991年12月号、p.59</ref>。
 
==== 波乱の天皇賞(秋) ====
この競走で大本命と目されていたのは、前年に史上4頭目のクラシック三冠を達成するなど、ここまでGI競走5勝を挙げていた[[シンボリルドルフ]]([[岡部幸雄]]騎乗)であった。4月の天皇賞(春)以来半年ぶりの出走、さらに秋の舞台である東京2000メートルコースでは不利とされていた大外17番枠という悪条件が重なりながらも、管理調教師の[[野平祐二]]は「今回は休み明けでも思い通りの仕上げができた。昨日競馬場に入ったが、飼い葉食いなど、むしろ美浦にいたときよりいいぐらいだし、ますます自信がわいてきた。枠順は関係ない<ref name="yushun8512" />」「競馬に絶対があることを証明したい<ref name="yushun8905" />」と強気であった。前日発売における同馬の単勝オッズは1.0倍、その後動いたものの、最終オッズで1.4倍という圧倒的な支持を集めていた<ref name="yushun8512" />。
 
一方のギャロップダイナは、それまで手の乗していた[[柴崎勇]]がロシアンブルーに、数度手綱をとった東信二がアカネダイモンに、以前騎乗していた岡部幸雄もシンボリルドルフへと騎乗するため騎手も確保できておらず、競走3日前になって、矢野と師匠同士が兄弟弟子という関係で、ようやく根本に代役が決まった<ref name="yushun8512" />。しかし、根本は調教にさえ騎乗しておらず、いなかった根本はとくに勝算があるとも考えていなかった。またおらず根本は当日競馬場に向かう車中で親友の[[加藤和宏 (JRA)|加藤和宏]]と「もし万が一勝ったら賞品の車をトンカチで叩き潰そうや」と軽口を叩いていたという<ref name="yushun8512" />。出走を決めた吉田善哉もシンボリルドルフに勝てるとはみておらず、同日に所有馬[[シャダイソフィア]]が出走する[[スワンステークス]]を見るため[[京都競馬場]]にいた<ref name="yoshikawa">吉川(1999)pp.303-304</ref>。ギャロップダイナの最終オッズは88.2倍の13番人気であった<ref name="yushun8512" />。
 
スタートが切られると、シンボリルドルフは躓いて出遅れ、後方からのレース運びとなった。そこから強引に押し上げていき、最初のコーナーでの12番手から、最終コーナーでは2番手という位置で最後の直線に入る<ref name="yushun8512" />。そして[[ウィンザーノット]]と[[ニホンピロウイナー]]<ref group="注">この両馬は3着同着であった。</ref>を振り切って先頭に立ったが、直線入口で15番手の位置から追い込んだギャロップダイナがゴール寸前でこれを捕らえ、半馬身差をつけての優勝を果たした<ref name="yushun8905" />。走破タイム1分58秒7は[[トウショウボーイ]]が保持した記録を0秒2更新する日本レコード<ref name="yushun8905" />。単勝配当8820円は、天皇賞史上最高額(記録はいずれも当時)であった<ref name="yushun8905" />。
競走後のインタビューで心境を問われた矢野は「わかるでしょう。最高、ほんとうに最高です。夏の北海道遠征を終えて帰ってきてから、馬に落ち着きが出てきたと思います。とにかく、新潟でデビューしたとき、春のクラシックのことを考えていたのですから、この春からの充実ぶりは、期待通りの成長と言えますね」などと語り、根本は「この馬は3~4コーナーの行きっぷりがいいから、それにだまされちゃいけないってことは言われてました。だからずっと我慢して、手応えがいいと思っても、ひたすら我慢したということです。出る以上は負けないぞ、と思って乗っていましたが、相手がなにしろみんな強いですからね」などと語った<ref name="yushun8512" />。敗れたルドルフ陣営の野平は「負け惜しみで言えば、いくらルドルフでも、あれだけ強引なレースをすれば、ゴール前の詰めが甘くなってしまう。負けた瞬間、締め付けられ金縛りにあったように動けなかった」と述べた<ref name="yushun8512" />。
 
なお根本は後年、この競走について次のようにふり返っている<ref name="yushun9112" />。
{{Quotation|''(略)''見るからに格下だし、芝も下手だし、矢野先生でさえ「頼むからケツにだけはならんでくれよ。1頭で流すつもりで4コーナーまでおさえて、おさえて、直線2、3頭負かしてくれ」って具合でしたからね。いざゲートが開いたら、当のルドルフはもう向う正面の坂にいて一気にハナ行ってるじゃない。「ややっ、やっぱ強いわ。あれは勝つわ」なんてもんですよ。で、こっちは3コーナーでまだおさえてて、4コーナーまわって「まだだめかな、もうちょいかな、もういいだろう」って、やっと追ったら行くわ、行くわ。凄い末脚なんですよ。「おっ、こりゃ8着あるぞ。賞金だ。あれ7だよ、6だ、あらら5だ、掲示板に載るよ。4だ、よし行っちゃえ」なんていってる間に、「ちょっと待てよ、いま、俺の左の脇からチラッと見えたの、あれルドルフの勝負服だよな。……まさかあ、相手は皇帝よ」「あら勝っちゃった」だって。''(略)''}}
 
またその一方では、次のようにも述べた<ref>『競馬コーフン読本』pp.115-116</ref>。
{{Quotation|まだ中山が改装される前、ちょうど風呂入ってたときにね、[[吉永正人]]さんに言われたの。メインレースに乗ることになってて、吉永さんが「おお重賞か。いいじゃないか」って。そこで「いやあ、出るだけですよ」って言ったらね。「おまえ、ちょっとこっち来い」って言われて、「勝ちたいと思ったって俺は出てないんだ。根本は出てるから勝つチャンスはあるんだ」ってね。<br />そうだなと思った。それは天皇賞勝つ前だけどね。それで、天皇賞でルドルフ破ったときに、ああ、こういうもんなんだな、競馬は怖いなと思った。<br />''(略)''あんときの写真あるけども、[[岡部幸雄|岡部さん]]、俺のほう見て、アーッて顔してるからね。"なんでこんな馬に"って感覚で見られてたんだよ、きっと。}}
 
==== 実力を証明す - 安田記念制覇 ====
社台ファーム千歳場長(当時)・[[吉田照哉]]と同場の従業員である袴田二三男(後に[[山元トレーニングセンター]]・マネージャー)を伴い<ref>『優駿』1986年7月号、p.92</ref>渡仏したギャロップダイナは、6月11日、受入先である[[シャンティイ調教場]]のジョン・カニントン厩舎に入る。同厩舎では、吉田善哉のかつての所有馬で、日本で種牡馬となった[[リアルシャダイ]]が入っていた馬房に収められた<ref name="yoshikawa2">吉川(1999)pp.344-349</ref>。のちに柴崎も渡仏し、現地での調教に当たった<ref name="yoshikawa2" />。
 
8月17日、フランス第1戦のジャック・ル・マロワ賞に臨んだ。「安田記念とは比較にならない」(柴崎)という好調で<ref name="yushun8609" />、鞍上には現地騎手のモーリス・フィリップロンを配されたギャロップダイナは、13頭立て4番人気の支持を受けた<ref name="yoshikawa3">吉川(1999)pp.362-363</ref>。レースでフィリペロンは先行策をとったがやがて失速し、勝ったリルンクから大きく離された12着に終わる<ref name="yushun8610-2">『優駿』1986年10月号、p.160</ref>。競走後、馬主の吉田善哉は「ヨーロッパのG1を勝つのがどんなことか判っているつもりだけどね」と述べ、唸り声を漏らした<ref name="yoshikawa3" />。また矢野は「引っ掛かった<ref group="注">引っ掛かる=抑えようとする騎手の手綱に馬が反発し、ペース配分ができないこと。</ref>」「直線だけのレースはきつい」と感想を述べた<ref name="yoshikawa3" />。
 
9月7日にはムーラン・ド・ロンシャン賞に出走。騎手は8月8日にクラフォンテーヌ競馬場で勝利を挙げていた<ref name="yushun8610-2" />柴崎が務めた。スタートが切られると先行集団のなかでレースを進めたが、最後の直線で伸びず、12頭立て10着という結果に終わった<ref name="yushun8610-3">『優駿』1986年10月号、p.94</ref>。ギャロップダイナはこれをもってフランス遠征を終え、9月17日に帰国した<ref name="yushun8610-3" />。
| 1:35.0(34.5)
| 1/2馬身
| 柴崎勇
| 東信二
| 59
| 520
| 1:24.6(37.1)
| 0.9秒
| 柴崎勇
| 東信二
| 59
| 520
| 1:35.5(36.2)
| 1 3/4馬身
| 柴崎勇
| 東信二
| 57
| 520
| -
| -
| 柴崎勇
| 東信二
| 58
| -
4,015

回編集

案内メニュー