コンテンツにスキップ

「クロノス」の版間の差分

父であるウーラノスの性器を、刃が魔法の金属・[[アダマント|アダマス]]でできた鎌で切り取って追放するが、自身も父親と同様[[ギガース]]たちをガイアの胎内に押し込めていたためガイアの怒りを買い、後に息子である[[ゼウス]]に討たれた。彼は父同様、子にその権力を奪われるという[[予言]]を受けたため、子供が生まれるたびに(ヘスティアー、デーメーテール、ヘーラー、ハーデース、ポセイドーンの順に)飲み込んでしまったという。
 
最後に生まれたゼウスだけは、母のレアーが偽って石をクロノスに食わせたために助かった。[[クレタ島]]で[[アマルテイア]]という牝山羊によって密かに育てられたゼウスは、クロノスに(神酒[[ネクター|ネクタール]]を飲ませて)兄弟たちを(飲み込んだときとは逆の順に)吐き出させ(このとき、兄弟の序列が入れ替わり、末子であるゼウスが最高神となった)、兄弟は力を合わせて、クロノスらティーターン神族を倒した。
 
{|class="wikitable"