コンテンツにスキップ

「予科」の版間の差分

m
→‎日本の旧制学校: 法令上の典拠を加筆。
編集の要約なし
m (→‎日本の旧制学校: 法令上の典拠を加筆。)
* [[師範学校]]予科
* [[実業学校]]予科
* [[旧制中学校]]予科 
*: [[中学校令#第二次中学校令|(第二次)中学校令]]第9条第3項([[1919年]]2月7日改正)に「中学校ニハ特別ナル必要アル場合ニ於テ予科ヲ置クコトヲ得」とあり、10条に「中学校ニ入学スルコトヲ得ル者ハ当該学校予科ヲ修了シタル者(省略)」とあって、すなわち中学校に入学する準備段階である。中学校令施行規則では予科の修業年限を2年と定め、学科目、教授の要旨およびその程度ならびに毎週教授時数に関しては[[小学校令]]が定める規定が準用された。予科第1学年に入学し得る者は[[尋常小学校第4学年]]の課程を修了した者または年齢10年以上でこれと同等以上の学力を有する者である。
* [[旧制高等学校]]予科
*: [[高等学校令#第二次高等学校令|(第二次)高等学校令]]([[1918年]]12月7日制定)第10条によれば「高等学校ニハ特別ナル必要アル場合ニ於テ予科ヲ置クコト」ができ、ただし、その高等学校は[[高等科]]3年、[[尋常科]]4年の課程を併有するべきものとされた。高等学校規程第57条には「高等学校ノ予科ニ関シテハ中学校令施行規則の規定ヲ準用ス」とあり、39条には「当該高等学校ノ予科ヲ修了シタル者ハ其ノ他ノ志願者ニ先チ之ヲ尋常科ニ入学セシムヘシ」とあり、すなわち尋常科に入学する準備段階である。
* [[旧制専門学校]]予科
*: [[専門学校令]]([[1903年]]3月27日制定)第7条は専門学校に予科を置くことを認め、その規程は8条によれば官立では文部大臣、公立では管理者、私立では設立者が文部大臣の認可を経て定める。したがって入学資格、修業年限、学科課程などについて画一的な規程は定められていない。いずれの予科であれ当該専門学校の準備段階であることは同じである。
 
== 脚注 ==