「バイオコークス」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (→‎特徴: リンク追加: キューポラ)
 
== 概要 ==
バイオコークスとはいわば人造の石炭である。原料となる植物を高温高圧下に2020分程度置き、石炭が生成される地層と似た環境にすると、化学変化がおきて石炭に似た物質が生まれる。化学的に安定で元の原料の5分の1以下の体積になり、1000℃以上の高温で燃焼できる優秀な燃料である。ただし燃焼過程は石炭というよりもむしろ石炭コークスに似通っており、火力発電所のボイラーで必要とされる1200℃の燃焼温度にはバイオコークスのみでは到達できないのだという。
 
[[近畿大学]]の[[井田民男]]教授によって2000年頃からこの研究が行われており、既に各国の特許も取得され、国内外で実用に向けた実証実験が進められている<ref name="kindai2">{{cite web|url=http://www.kindai.ac.jp/about-kindai/pr/crossover/vol06/02.html|title=身近なバイオマスから新しい固形エネルギーを創り出し、循環型社会の構築に挑む(クロスオーバー(広報誌)、近畿大学)| accessdate=2014-12-07}}</ref>。
== 製法 ==
 
# 材料となる植物試料を1~31~3ミリ程度の大きさに粉砕し、水分を5~15%程度に調整する
# 装置のシリンダーに充填し、20MPaで圧縮する(直径16cmの場合で1616トン)
# 圧縮を続けながら180℃まで約40分間加熱する
# 常温まで冷却する
 
=== 杉間伐材を活用したコジェネレーション利用 ===
杉の間伐材からバイオコークスを製造する実証事業が[[秋田県]][[横手市]]柳田で行われている。製造工程で発生するガスで発動機を動かし、電気と熱水を生み出す「一石三鳥」の方式を全国で初めて採用した。小規模ながらエネルギーの地産地消を進める取り組みとして注目されている。[[石炭エネルギーセンター]](東京)に委託した事業。横手第2工業団地の4500平方メートルを秋田県から借り受け、原料置き場や発電プラントを整備した。2013年5月から稼働している。原料は横手市森林組合が提供している。材木製品に使えない杉の根や細い幹をチップ状に砕いて乾燥させる。その工程で出る木の粉を圧縮して熱を加え、直径10センチ、長さ25~30センチのバイオコークスを製造する<ref name="yokote">{{cite web|url=http://www.kahoku.co.jp/tohokunews/201402/20140219_42009.html|title=杉間伐材でエネ地産地消 環境省、横手で実証事業(河北新報)| accessdate=2014-12-07}}</ref>。
 
=== 除染廃棄物の減量化の試み ===
匿名利用者

案内メニュー