「ラグビーフランス代表」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
タグ: モバイル編集 モバイルウェブ編集
[[1910年]]より[[シックス・ネイションズ]](当時はファイブ・ネイションズ)に加入。[[1932年]]、フランス国内のラグビー人気の過熱によりクラブ同士の選手の金銭による引き抜きが相次ぎ、プロ化の問題から一度除外されるが、[[第二次世界大戦]]後1947年に復帰し現在に至る。締め出された当時にIRBに対抗するために国際アマチュア・ラグビー連盟(現在の[[ラグビーヨーロッパ]])を設立した。
 
フレア溢れるランニングとパスプレーを得意として、次々とフォローが湧き出しパスがつながるところから「シャンパンラグビー」と称される。[[ラグビー南アフリカ共和国代表|南アフリカ]]・[[ラグビーニュージーランド代表|ニュージーランド]]・[[ラグビーオーストラリア代表|オーストラリア]]の南半球3強全てから10勝以上を挙げているのは(当事者を除くと)フランスのみである。ホームスタジアムは[[パリ]]北郊の[[サン=ドニ]]にある[[スタッド・ド・フランス]]、練習場はパリ南郊の{{仮リンク|フランス国立ラグビーセンター|en|Rugby union in France#National Rugby Centre (CNR)}}である
 
[[ラグビーワールドカップ|W杯]]では[[ラグビーワールドカップ1987|1987年]]・[[ラグビーワールドカップ1999|1999年]]・[[ラグビーワールドカップ2011|2011年]] の準優勝が最高。自国開催の[[ラグビーワールドカップ2007|2007年大会]]で初優勝を狙ったものの、準決勝で[[ラグビーイングランド代表|イングランド]]に惜敗。3位決定戦でも[[ラグビーアルゼンチン代表|アルゼンチン]]に敗れ、4位に終わっている。
71

回編集

案内メニュー