「さいたま市」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
 
=== 与野 ===
旧与野市は旧浦和市と旧大宮市の間に挟まれた位置にあり、他の3市に比べて面積が小さく、ほぼ全域にわたって市街化されている。市内を通る国道17号沿いに、自動車[[メンテナンス|整備]]・修理工場と、[[自動車ディーラー]]が集中しているため「自動車の街」とも呼ばれるようになった。市域の狭さや市内のほぼ全域が鉄道駅至近に位置することもあり、市全域が[[人口集中地区]]に含まれ、人口密度は合併前の旧4市の中で最も高い。中心市街地は江戸時代に干拓が行われた[[鴻沼]]の西側の台地上(本町通り)にあるが、区役所をはじめ行政機関の多くは鴻沼のあった地域に所在する。
 
=== 岩槻 ===
=== 現代 ===
[[File:武蔵浦和駅周辺.JPG|thumb|武蔵浦和の再開発エリア]]
[[戦後]]の[[高度経済成長]]に伴う[[東京]]都心の人口過密によって、至近の現さいたま市域も人口流入が進み、日本で最も人口増加の著しい地域の一つとなった。東京都心部への近さから[[埼玉都民]]のための[[住宅都市]]的発展が21世紀を迎えても社会増(移住者)が依然続き、区画整理([[さいたま市の土地区画整理事業一覧|一覧]])事業によって市街地拡大している。また、市内主要駅周辺部では[[再開発]]事業([[埼玉県の再開発の一覧#さいたま市|一覧]])が活発化し、高層建築物が増加した。市内で最も高さがある建物は[[明治安田生命さいたま新都心ビル]](168m)、最も階数が高い建物はライブタワー(38階)となっている。戦前([[1927年]])から数度浮上した合併構想は2001年に結実した(下記)。[[さいたま新都心]]には[[霞が関]]から政府機関が移転するなど、首都圏における代表的な業務集積地としての一面も見せている
 
合併に関する経過と合併後の沿革。旧市に関する詳細な歴史は各4市の項目を参照。
** [[8月]] - 19日、大宮市議会の反対で公募先送り。28日、公募実施要項に「6・25合意」を盛り込むことで公募の実施を合意。31日、第14回第2小委員会で市名の公募の実施を合意。
* [[2000年]](平成12年)
** [[1月10日]] - 市名の公募を実施。期限の[[2月18日]]までに全国から67,665件、8,580種類の応募がなされる。その結果は、『'''埼玉市'''』が1位(7117票)、『'''さいたま市'''』が2位(3821票)というものであった。また合併を構成する各市の名称を用いる案は『'''大宮市'''』が3位(3008票)、『'''浦和市'''』が6位(1821票)となったが、大宮市以外の地域からの『大宮市』への応募は24.8%、浦和市以外の地域からの『浦和市』への応募は29.7%と少なく、浦和市からの『大宮市』への応募は1.31%、大宮市から『浦和市』への応募は3.47%であった<ref>2000年3月29日埼玉新聞記事「既存市名には抵抗感 県外の投票でも不人気」</ref>。また、『与野市』は100位以内に入らなかった<ref name="kobo">[http://www.city.saitama.jp/www/contents/1049099592015/html/common/46b32ae4015.html さいたま市ホームページ 「新市名称公募」結果のお知らせ]</ref>。
** [[3月26日]] - 新市名検討委員会での検討の結果、『'''埼玉市'''』(公募1位)・『'''さいたま市'''』(2位)・『'''彩都市'''』(5位2495票)・『'''さきたま市'''』(7位1374票)・『'''関東市'''』(37位217票)の5案が市名候補として選考され、第2小委員会委員長及び小委員会に報告される。
** [[4月4日]] - 第22回第2小委員会が開催。浦和市・与野市から『'''さいたま市'''』、大宮市から『'''大宮市'''』の2つの市名案が提案される。なお、『'''大宮市'''』の名称は、大宮市の提案で設置された新市名検討案が提出した市名候補5案にはないものだった。
* [[2013年]](平成25年) - [[ツール・ド・フランスさいたまクリテリウム]]が初開催。
* [[2015年]](平成27年)
** 4月1日 - 「文化財産等取得基金」を編入し、「文化芸術都市創造基金」が創設。この基金をもとにトリエンナーレなどのイベント開催、浦和区の「[[うらわ美術館]]」を「さいたま市立美術館」(仮称)に発展的に開設する構想がある。また、岩槻区の旧区役所跡に「岩槻人形会館」(仮称)を2020年度までに開設する方針としている。
** 11月 - [[さいたま国際マラソン]]が初開催
* [[2016年]](平成28年) - [[さいたまトリエンナーレ]]が開催される(予定)。
* [[2020年]] - 東京オリンピックが開催、埼玉スタジアム2002及びさいたまスーパーアリーナが競技会場となる(予定)。みそのウイングシティ内に[[順天堂大学]]医学部附属病院の新病院が開院、同時に大学院の新キャンパスも開学(予定)。
* 2020年度 - 旧岩槻区役所跡に「岩槻人形会館」(仮称)を開設予定。
* 2020年以降 - 埼玉高速鉄道の浦和美園駅から[[岩槻駅]]までの区間が延伸(予定)。
 
* [[ボックスグループ]](南区)
* [[マミーマート]](北区)
* [[メディカル・ケア・サービス]](大宮区)
* [[遊楽]](浦和区)
* [[ユーディケー]](浦和区)
* [[商工組合中央金庫]]さいたま支店(浦和区)
* [[日本政策金融公庫]]さいたま支店(大宮区)、浦和支店(浦和区)
* [[日本郵便株式会社]]関東支社 (中央区)
 
;独立行政法人
1,974

回編集

案内メニュー