「坂田道男」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
<!-- 定義 -->
'''坂田 道男'''(さかた みちお、[[1887年]][[5月18日]] - [[1973年]][[1月4日]])は、現在の[[熊本県]][[八代市]]出身の[[日本]]の[[政治家]]([[衆議院|元衆議院議員]])、[[教育者]]で[[八代市]][[市町村長|八代市長]]、[[名誉市民]]。長男は[[防衛大臣|防衛庁長官]]、[[衆議院議長]]を務めた[[坂田道太]]。
 
== 略歴 ==
* [[1920年]](大正9年)9月、[[経済学]]研究のため[[ドイツ国|ドイツ]]・[[イギリス]]・[[アメリカ合衆国|アメリカ]]へ1年半の私費留学に出発する。
* [[1923年]](大正12年)3月、五高教授を退職する。以後、政界で活躍し、ことに郷里八代の発展に尽くした。熊本県選出の[[政友会]][[代議士]]を務めた。
* [[戦後]]、初代八代市長に就任した。
 
== エピソード ==
匿名利用者

案内メニュー