「2進接頭辞」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
ところが、[[情報工学]]分野、特に記憶装置関連おいては2進接頭辞に限られることはなく、底が2なのか10なのか不明確なままになる場合がある。さらには乗数が増えるほど流用元のSI接頭辞が表す乗数との誤差が大きくなるため、ギガ、テラ等の利用が進むにつれ不都合が増えてきた。(下表の通り、キロでは誤差2.4%と[[有効数字]]2桁の範囲で不都合は生じないが、テラでは誤差が約10%となり有効数字2桁の範囲でも無視できなくなる)
 
これに対して、IEC([[国際電気標準会議]])は 1998年にSI接頭辞と区別できる新たな 2進接頭辞を承認した。2{{sup|10}}、2{{sup|20}}、2{{sup|30}}などの乗数を表す接頭辞は[[IEC 60027|IEC 60027-2]]ではそれぞれキビ、メビ、ギビなどとなり、1024バイトは1キビバイト、1 048 576バイトは1メビバイトとなる。同様の規格が[[IEEE]]でも[[IEEE 1541-2002]]として成立している。IEC 60027の2進接頭辞の規定は[[IEC 80000-13|IEC 80000-13:2008]]に取り込まれた
 
しかしながら、情報技術系企業においてさえ利用度は高くなく<ref>ibm.comにおけるGoogle検索において "TB バイト" で約1490件、"TiB バイト" で7件。</ref>、普及は進んでおらず、混乱の解消には至っていない。
[[Category:情報の単位]]
[[Category:単位接頭辞]]
[[Category:IEC|80000-13]]
[[Category:IEEE|1541]]

案内メニュー