コンテンツにスキップ

「Westlaw」の版間の差分

m
(補遺: 2015年11月5日 20:56‎ の版は en:Westlaw 2015年10月19日 11:28 の抄訳)
法律情報検索市場でウェストローの第一のライバルは[[レクシスネクシス]]である。ウェストローとレクシスネクシスのサービスは共に1970年代に専用端末装置を使った[[ダイアルアップ]]サービスとして始まった。最初のバージョンは[[音響カプラ]]やボタン式の電話を使用していたが、その後は内蔵モデム付きの小型専用端末になった。この頃のウェストローの専用端末は'''WALT'''(West Automatic Law Terminal)と呼ばれていた<ref>[http://www.aallnet.org/chapter/sandall/workshop_SANDALLAmericanLegalResearchSept2006.ppt] [https://web.archive.org/web/20080228235751/http://www.aallnet.org/chapter/sandall/workshop_SANDALLAmericanLegalResearchSept2006.ppt Archived]<span contenteditable="false"> February 28, 2008 at the </span>Wayback Machine</ref><ref><cite class="citation web" contenteditable="false">[http://www.aallnet.org/chapter/sfall/newsletters/newsletter_sept2000.htm "SFALL Newsletter, September 2000"]. </cite></ref>
 
1989年ごろ、両社は専用端末を模したパーソナルコンピューター用のソフトウェアを発売し始めた。ウェストローのソフトウェアは'''ウェストメイト'''(Westmate)と呼ばれ、設定を電話番号からWestlaw.comのようなURLに変更する事でインターネットにも対応した。1997年ごろのウェストメイトは[[ボーランド|Borland ]]C++で作られたスタンドアローンアプリケーションだったが、その後マイクロソフトの[[Internet Explorer]]上で動くHTMLアプリケーションになり、最終的には[[ウェブアプリケーション]]になった。ウェストメイトの販売は2007年6月30日まで続いた。
 
2010年2月8日に'''ウェストローネクスト'''(WestlawNext)が発売された。従来は4万以上あるデータベース<ref><cite class="citation web" contenteditable="false">Wheeler RJ, Jr. (2010). </cite></ref> から最初に使用するデーターベースを選ぶ必要があったが、新検索アルゴリズムの'''WestSearchウェストサーチ'''(WestSearch)ではデータベースを選ばずに検索画面で項目を選択するだけで横串検索ができるようになった。<span class="cx-segment" data-segmentid="106"></span><span class="cx-segment" data-segmentid="114"></span>
 
== 脚注 ==
3,306

回編集