「セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
セロトニンとノルアドレナリンの化学構造は、SNRIを代表的に示す参考画像ではない
m (当該でないので太字解除)
(セロトニンとノルアドレナリンの化学構造は、SNRIを代表的に示す参考画像ではない)
{{redirect|SNRI|ガンダムシリーズの架空の組織|サナリィ}}
'''セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬'''(セロトニン・ノルアドレナリン<!--長いので省略形容赦-->-さいとりこみそがいやく、{{lang-en|Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors; '''SNRI'''}}<ref>日本語における「[[ノルアドレナリン]]」(またはドイツ語の"Noradrenalin")と英語における"norepinephrine"(ノルエピネフリン)の名称の相違については、[[アドレナリン#エピネフリンという名称]]を参照のこと。</ref>)は、[[抗うつ薬]]の類である主に[[大うつ病シナプス]]における[[気分障害セロトニン]]の治療に処方される。[[不安障害ノルアドレナリン]]の再吸収を阻害することでこれらの[[強迫性障害神経伝達物質]]の濃度を増加させる。[[ADHD選択的セロトニン再取り込み阻害薬]]など(SSRI)がセロトニンのみの再吸収を阻害するが、SNRIも処方されは更にノルアドレナリンの再吸収を阻害することがあによって、興奮神経を刺激す。そのため、興奮に起因した不眠症のような副作用も生じやすい
[[Image:Serotonin (5-HT).svg|thumb|right|200px|[[セロトニン]]]]
[[ファイル:Noradrenalin - Noradrenaline.svg|thumb|right|200px|[[ノルアドレナリン]]]]
'''セロトニン・ノルアドレナリン再取り込み阻害薬'''(セロトニン・ノルアドレナリンさいとりこみそがいやく、{{lang-en|Serotonin & Norepinephrine Reuptake Inhibitors; '''SNRI'''}}<ref>日本語における「[[ノルアドレナリン]]」(またはドイツ語の"Noradrenalin")と英語における"norepinephrine"(ノルエピネフリン)の名称の相違については、[[アドレナリン#エピネフリンという名称]]を参照のこと。</ref>)は、[[抗うつ薬]]の一種。主に[[大うつ病]]や[[気分障害]]の治療に処方される。[[不安障害]]、[[強迫性障害]]、[[ADHD]]などでも処方されることがある。
 
日本で販売されるミルナシプラン、デュロキセチン、ベンラファキシンの、精神障害での適応は[[うつ病]]である。いずれも薬事法における劇薬である。
[[選択的セロトニン再取り込み阻害薬]](SSRI)の次の世代の抗うつ薬と言われている。[[シナプス]]における[[セロトニン]]と[[ノルアドレナリン]]の再吸収を阻害することで、これらの[[神経伝達物質]]の濃度を増加させることによりうつ症状を改善する。[[選択的セロトニン再取り込み阻害薬|SSRI]]が[[シナプス]]で放出されたセロトニンのみの再吸収を阻害し、このセロトニンの濃度を高める事によってうつ状態を改善させるのに加え、SNRIでは更にノルアドレナリンの再吸収を阻害することによって、興奮神経を刺激し、やる気や気分を向上させる効果も発揮する。
 
日本うつ病学会のうつ病の[[診療ガイドライン]]は、有効性に関する様々な報告を併せて解釈すると、有効性と忍容性において、SSRI、SNRI、ミルタザピンを含む新しい抗うつ薬に優劣はつけられないとしている<ref>{{Cite report|title=日本うつ病学会治療ガイドライン |author=日本うつ病学会 |authorlink=日本うつ病学会 |coauthor=気分障害のガイドライン作成委員会|url=http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf |format=pdf |edition=2012 Ver.1|date=2012-07-26|page=28-30}}</ref>。2013年には18歳未満で効果が確認できなかった海外での研究についての情報が、使用上の注意に記載されている。
従来の[[三環系抗うつ薬]]・[[四環系抗うつ薬]]より[[副作用]]は少ないと言われている。
 
== 薬剤 ==
[[画像:Synapse of adrenergic neuron.svg|right|250px|thumb|ノルアドレナリン神経におけるSNRIの作用機序。]]
一般名(商品名)という形式で、具体的薬剤を列挙する。
*[[ミルナシプラン]]([[トレドミン]]、適応はうつ病・うつ状態。
*[[デュロキセチン]](サインバルタ)、適応は、うつ病・うつ状態に加え、糖尿病性神経障害に伴う、あるいは線維筋痛症に伴う疼痛である。
*[[ヴェンラファキシン]]([[エフェクサー]])(日本で)、適応開発中止)うつ病・うつ状態。
;海外
*[[{{仮リンク|ネファゾドン]]|en|Nefazodone}}[[サーゾーン]]
 
== 有効性 ==
=== 日本国内で承認済のもの ===
日本うつ病学会のうつ病の[[診療ガイドライン]]は、有効性に関する様々な報告を併せて解釈すると、有効性と忍容性において、SSRI、SNRI、ミルタザピンを含む新しい抗うつ薬に優劣はつけられないとしている<ref>{{Cite report|title=日本うつ病学会治療ガイドライン |author=日本うつ病学会 |authorlink=日本うつ病学会 |coauthor=気分障害のガイドライン作成委員会|url=http://www.secretariat.ne.jp/jsmd/mood_disorder/img/120726.pdf |format=pdf |edition=2012 Ver.1|date=2012-07-26|page=28-30}}</ref>。
*[[ミルナシプラン]]([[トレドミン]])
*[[デュロキセチン]]([[サインバルタ]]<ref>{{PDFlink|[http://www.shionogi.co.jp/ir/news/detail/100120.pdf 抗うつ薬「サインバルタカプセル20mg、30mg」の製造販売承認取得について ]}} - 塩野義製薬報道者向け資料(2010年1月20日付)</ref>)(日本国外では「シンバルタ」としても発売されている。)
 
2013年、日本の[[厚生労働省]]は、[[大うつ病性障害]]に対し、18歳未満に投与しても効果を確認できなかったとして、添付文書を改訂し医師に慎重な投与を求めるよう[[日本製薬団体連合会]]に要請した。対象は「トレドミン」「サインバルタ」、他は[[SSRI]]が4製品、[[NaSSA]]が2製品の計8製品である<ref name="">「[http://jp.wsj.com/article/JJ11997891205565913637118548438832743842789.html 1818歳未満「効果確認できず」=抗うつ剤の注意改訂要請—厚労省]」The Wall Street Journal 日本語版(時事通信社配信)2013年3月29日。</ref><ref>「[http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002ygw3.html SSRISSRIなど抗うつ薬6種類の「使用上の注意」改訂を要請]」厚生労働省2013年3月29日。</ref>。
=== 日本国内で未承認のもの ===
*[[ヴェンラファキシン]]([[エフェクサー]])(日本では開発中止)
*[[ネファゾドン]]([[サーゾーン]])
 
== 問題点 ==
2013年、日本の[[厚生労働省]]は、[[大うつ病性障害]]に対し、18歳未満に投与しても効果を確認できなかったとして、添付文書を改訂し医師に慎重な投与を求めるよう[[日本製薬団体連合会]]に要請した。対象は「トレドミン」「サインバルタ」、他は[[SSRI]]が4製品、[[NaSSA]]が2製品の計8製品である<ref>「[http://jp.wsj.com/article/JJ11997891205565913637118548438832743842789.html 18歳未満「効果確認できず」=抗うつ剤の注意改訂要請—厚労省]」The Wall Street Journal 日本語版(時事通信社配信)2013年3月29日。</ref><ref>「[http://www.mhlw.go.jp/stf/houdou/2r9852000002ygw3.html SSRIなど抗うつ薬6種類の「使用上の注意」改訂を要請]」厚生労働省2013年3月29日。</ref>。
 
{{Seealso|抗うつ薬#議論}}
 
== 脚注出典 ==
{{reflist}}
 
20,583

回編集

案内メニュー