「株式交換」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
*[[株式移転]]では親会社を新設する。株式交換では親会社は既存の会社である。
*株式交換は他企業の買収のためにも使えるが、株式移転では不可能。
*株式交換では親会社は合同会社でもよい
*効力を発するのは、株式移転では新設親会社の設立登記時。株式交換では株式交換契約で定めた株式交換の日。
*共同株式移転はあるが株式交換で類似のものはない
*株式移転では略式手続も簡易手続も存在しない(新設合併と同様)
 
== 会社法上の株式交換 ==

案内メニュー