「海流」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[ファイル:Ocean current 2004.jpg|thumb|right|300px|世界の海流図(暖流は赤、寒流は黒)、2004年]]
 
'''海流'''(かいりゅう)は、地球規模でおきる[[海水]]の[[水平方向]]の[[流れ]]の総称。似た現象に[[潮汐]]による潮汐流(潮流とも)があるが、潮汐流は時間の経過に伴って流れが変化し、短い周期性を持つ。海流はほぼ一定方向に長時間流れる。また海の中は[[鉛直方向]]にも恒常的な流れが存在する[[海域]]もあるが、その流速はひじょうに小さいので、通常は海流とは呼ばない。海流はその性質により、暖流と寒流の2種類に大別される。
 
海流が発生する原因は諸説あるが、大きく分けて表層循環と深層循環がある。表層循環と深層循環の意味は、メカニズム的に論じるか現象的に論じるかで違ってくる。メカニズム的に言えば、海面での風([[卓越風]])によって起こされる摩擦運動がもとになってできる「'''[[風成循環]]'''」が表層循環、温度あるいは塩分の不均一による密度の不均一で起こる「'''[[熱塩循環]]'''」が深層循環である。この二つを総称して、'''海洋循環'''と呼ぶ。「海流」が海水の流れを重視した呼び方であるのに対して、「海洋循環」は特に地球規模での海水の巡り、循環を重視した呼び方であり、これらを使い分けることが多い。
匿名利用者

案内メニュー