「シク王国」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
'''シク王国'''(シクおうこく、[[1801年]] - [[1849年]])は、[[パンジャーブ地方]]など[[インド]]北西部を支配した[[シク教]]の王朝。
 
== 歴史 ==
=== 成立に至るまで ===
==== ムガル帝国との対立 ====
[[ナーナク]]を開祖とする[[シク教]]は、元来は平和的な宗教であったが、 [[イスラーム教|イスラーム]]勢力である [[ムガル帝国]]の政治的圧力と、インド人の勇猛な性格など諸因が重なって宗教団体が次第に政治組織・軍事組織化されていっていった。
 
第4代グルの[[ラーム・ダース]]は[[アムリトサル]]に[[ハリマンディル・サーヒブ|黄金寺院]]を建立した。さらに、これまでの歴代グルが師弟相承制であったのを血脈相承制、すなわち世襲制に移行させた。
[[1707年]]にゴーヴィンド・シング帝国の皇帝[[バハードゥル・シャー1世]]に帰順したが、デカンへの遠征への最中に[[アフガン人]]に暗殺された。彼の息子はムガル帝国との戦役で死んでいたため、遺言によりこの後は聖典がグルとされることになった。
 
==== ミスルの形成とアフガン軍の侵攻 ====
ムガル帝国はアウラングゼーブの時代に最大版図を形成したが、その晩年に帝国は分裂の傾向が強まった。アウラングゼーブの死後、18世紀には短命な皇帝と内紛が相次いで、帝国は急速に衰退した。
 
[[File:RanjitSingh by ManuSaluja.jpg|thumb|シク王国の全盛期を築いたランジート・シング]]
混乱が続く中、[[スケルチャキア・ミスル]]の首長にして若き指導者ランジート・シングは
その実力を見せ、[[1799年]][[7月]]にはアフガン勢力からラホールを取り戻した<ref>小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』年表、p.246</ref>。そして、[[1801年]][[4月]]に彼はラホールで王位を宣し、シク王国を創始した<ref>小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.283</ref>。
 
また、ランジート・シングは領土の拡大にも力を入れ、即位後まもなくサトレジ川以西の諸ミスルを配下に治めることに成功した。彼と対立していたサトレジ川以東のシク首長はイギリスに援助を求め、[[1809年]][[4月25日]]にランジート・シングはイギリスにサトレジ川を越えることを禁じる不可侵条約[[アムリトサル条約]]を結ばされた<ref>小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.283</ref>。
ランジート・シングの宮廷には非常に優秀な人材がそろっていたという。彼はシク教徒だけでなくヒンドゥーやムスリムも平等に登用し、大臣や指揮官にはヒンドゥーやムスリムも少なくなかった。彼の右腕たる重要な宰相はムスリムのファキール・アズィーズッディーンであり、財務大臣はヒンドゥーのディーワーン・ディーナ・ナートであった<ref>チャンドラ『近代インドの歴史』、p.27-28</ref><ref>Hügel, Baron (1845) 2000. Travels in Kashmir and the Panjab, containing a Particular Account of the Government and Character of the Sikhs, tr. Major T.B. Jervis. rpt, Delhi: Low Price Publications</ref>。
 
=== シク王国の後継者争い ===
[[File:Duleep Singh00.jpg |thumb|right|200px|[[ドゥリープ・シング]]]]
ランジート・シングの晩年、シク王国は北西インドにまたがる大帝国となっていた。彼は外交戦略と軍事力によってイギリスの支配を排し、19世紀においてマラーター同盟が滅亡したのちも、王国はインドで唯一の独立国としての地位を保持した。
こうして、[[1843年]][[9月]]にランジート・シングの末の息子[[ドゥリープ・シング]]に王位が渡ったが<ref>[http://www.royalark.net/India4/lahore4.htm Lahore 4]</ref>、まだ5歳の少年であり、一連の内乱で台頭した[[カールサー]]と呼ばれると強力な軍団が政権を握っていた<ref>チョプラ『インド史』、p.171</ref>。
 
=== シク戦争と王国の領土併合 ===
[[File:Bataille de Sobraon.jpg|thumb|[[ソブラーオンの戦い]]([[第一次シク戦争]])]]
カールサーは愛国的で勇敢であったが、全く統制のとれていない軍隊であった<ref>チョプラ『インド史』、p.171</ref>。その結果、1809年にランジート・シングと不可侵条約を結んだイギリスはそれが忠実に守られていたにもかかわらず、シク王国の広大な領土に目を向けるようになった。
こうして、[[1849年]][[3月26日]]、シク王国はイギリスに降伏し、同月[[3月29日|29日]]にイギリスはその領土を併合し<ref>チョプラ『インド史』、p.308</ref>、インドの植民地を完成した<ref>小谷『世界歴史大系 南アジア史2―中世・近世―』、p.285</ref>。
 
== 脚注 ==
{{Reflist}}
 
== 歴代君主 ==
*[[ランジート・シング]](在位:1801年 - 1839年)
*[[カラク・シング]](在位:1839年)
*{{Cite|和書|author = P・N・チョプラ|authorlink = |translator=三浦愛明|title =インド史|publisher =法蔵館| date =1994年| isbn =}}
 
== 関連項目 ==
{{Commonscat|Sikh Empire}}
*[[シク教]]
 
{{インドの王朝}}
 
{{DEFAULTSORT:しくおうこく}}
[[Category:インドの王朝]]

案内メニュー