「斗鬼正一」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
誤りの訂正。職歴、論文などの更新
(誤りの訂正。職歴、論文などの更新)
'''斗鬼 正一'''(とき まさかず、[[1950年]](昭和25年) - )は、日本の[[文化人類学|文化人類学者]]。専門は都市人類学、地域研究。[[江戸川大学]]社会学部ライフデザイン現代社会学科文化人類科長、・民俗学コース教授。[[明治大学]]非常勤文学部講師。明治大学大学院講師。
 日本テレビ「世界一受けたい授業」「月曜から夜ふかし」「ZIP」「Nスタ」、テレビ朝日「Qさま」「相葉マナブ」「モーニングバード」、TBSテレビ「アイアム冒険少年」、テレビ東京「所さんの世界のビックリ村」、フジテレビ「リアルスコープハイパー」などのテレビ番組、「週刊女性」などの雑誌、新聞書評で、日本、世界の文化に関する解説、論評多数。
 
== 経歴 ==
[[神奈川県]][[鎌倉市]]生まれ。1969年[[神奈川県立横浜翠嵐高等学校]]卒業、1973年[[明治大学]]政治経済学部経済学科卒業、1979年[[アテネフランセ]]英語科卒業、1975年明治大学大学院修士課程修了、1984年明治大学大学院博士後期課程単位取得満期退学、1982年[[研数学館]]講師、1987年江戸川大学女子短期大学講師、1990年江戸川大学社会学部専任講師、助教授、99年教授
 
== 専門分野 ==
文化人類学、都市人類学、日本各地・世界諸民族の生活文化、東京、大阪、京都、静岡県新居町・舞阪、新潟県津南町、香港、ソウル、クライストチャーチ(ニュージーランド)等の地域都市人類学的研究、[[異文化コミュニケーション]]論フィールドワーク論多文化理解。
 
=== ===
* 『仰天 目からウロコの文化人類学入門-人間探検ガイドブック-』ミネルヴァ書房、2003年
* 『こっそり教える「世界の非常識」184』講談社、2007年
* 『頭が良くなる文化人類学 「人・社会・自分」―人類最大の謎を探検する』光文社新書、2014
 
=== 論文 ===
「エスカレーター片側空けという異文化と日本人のアイデンティティ」2015年
「火というカオスと人」2014年
「都市の境界的空間と文化の革新、創造-浅草の文化人類学的研究-」2013年
「都市というコスモス-平安京に見る人と自然、超自然-」2010年
「都市の音-ノイズという自然と人間」2006年
「都市の音-ノイズという自然と人間-」2006年
「鉄道という異文化と日本」2004年
「江戸・東京と水辺の遊興空間」2003年
「花見から見た都市、江戸・東京」2003年
「江戸・東京と富士山-都市人類学的考察-」2002年
「都市にうつした海-銭湯の都市人類学-」2001年
「トマソンの都市人類学-「変なもの」から見た都市-」2001年
「江戸・東京の都市空間と動植物-都市人類学的考察-」1996年
「香港の都市空間と自然-食文化の事例から-」1995年
「都市「地図」と都市像の情報文化論-東京銘菓の事例-」1992年
「地図の象徴的機能」1988年
「廃棄物の象徴的機能についての一考察-都市空間に関する文化人類学・社会心理学的視点-」1987年 
     他多数
 
== 外部リンク ==
* [http://wwwwww1.edogawa-u.ac.jp/~tokim/ 斗鬼正一文化人類学研究室]
 
{{DEFAULTSORT:とき まさかす}}
1

回編集

案内メニュー