「LIAR GAME (テレビドラマ)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
}}
 
映画第1弾[[2010年]][[3月6日]]に公開。
 
=== ストーリー ===
ライアーゲーム決勝戦は、準決勝を勝ち上がってきた精鋭によって争われる。ゲームの名前は、'''「エデンの園ゲーム」'''。優勝賞金は'''50億円'''。ゲームのテーマは「信じあう心」。決勝戦はプレイヤー全員が互いを信頼すれば、容易にしかも確実に大金が手に入るという。しかし、決勝進出者の中には、最強の刺客「'''プレイヤーX'''」が姿を潜めていた…。はたして、ナオと秋山はすべての謎を解き明かし、勝ち残ることが出来るのか?そして、ふたりの関係は?(一部を省略、公式サイトより引用)
優勝賞金は'''50億円'''。ゲームのテーマは「信じあう心」。決勝戦はプレイヤー全員が互いを信頼すれば、容易にしかも確実に大金が手に入るという。しかし、決勝進出者の中には、最強の刺客「'''プレイヤーX'''」が姿を潜めていた…。はたして、ナオと秋山はすべての謎を解き明かし、勝ち残ることが出来るのか?そして、ふたりの関係は?(一部を省略、公式サイトより引用)
 
エデンの園ゲームとは、各人が3色のリンゴから1つを選んで投票し、投票結果によってマネーの増減が起きるというゲーム。リンゴの色はそれぞれ「赤」「銀」「金」である。全員が赤いリンゴを投票すれば全員が1億円獲得というルールだが、1人でも裏切り者が出るとその者だけが賞金獲得となり、赤いリンゴの投票者は逆に-1億円となる。累積が-5億円に届いてしまうと、そのプレイヤーは「失楽園」となり、エデンの園(会場)から、退場しなければならない
累積が-5億円に届いてしまうと、そのプレイヤーは「失楽園」となり、エデンの園(会場)から、退場しなければならない。
 
直はゲーム開始早々、全プレイヤーに信頼の証である真実の赤リンゴの投票を提案するが、裏切りが相次ぎ…。
 
騙し合いのゲームの最精鋭たちが信頼で1つにまとまらなければならないという、究極の難題が立ちはだかる。
はたして直と秋山は、赤リンゴをそろえることが出来るのか。そして、見事優勝し「嘘つき王(ライアーキング)」の称号を手にするのは、一体誰なのか。
そして、見事優勝し「嘘つき王(ライアーキング)」の称号を手にするのは、一体誰なのか。
 
=== エデンの園ゲームのルール ===

案内メニュー