「テレグノシス」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[トニービン]]産駒らしく[[東京競馬場]]での競走を得意にしていた。NHKマイルカップ以外の[[重賞]]勝利に[[毎日王冠]]([[2004年]])、[[京王杯スプリングカップ]]([[2003年]])があり、これらも東京競馬場で施行されている。また、重賞以外の勝利も東京競馬場でのもので、その勝ち鞍のすべてが東京競馬場ということになる。
 
[[主戦騎手]]は[[勝浦正樹]]だったが、[[2006年]][[安田記念]]以降は乗り替わりとなり、引退まで一度も騎乗していない。
 
== 競走馬として戦績 ==
=== 2001年 ===
[[新馬|新馬戦]]では[[藤田伸二]]が手綱を取るが11着と敗退。折り返しの新馬戦で初勝利。12月の暮れの500万下特別のさざんか賞は[[ローマンエンパイア]]の2着となる。
 
=== 2006年 ===
引き続き現役を続け、主戦の勝浦を外して結果を残そうとするが未勝利で終わり、安田記念は9着、最後のレースとなったマイルチャンピオンシップは11着となり、間もなく[[11月22日]]に競走馬登録を抹消して引退発表となった。
 
== 種牡馬として引退後 ==
[[2007年]]から[[2012年]]まで[[レックススタッド]]で種牡馬として繋養されていた。初年度だった2007年は受胎確認後条件20万円、産駒誕生後条件30万円の種付け料だった。
2006年[[11月22日]]、競走馬登録を抹消し引退。[[2007年]]より[[レックススタッド]]で繋養されている。初年度2007年の種付け料は受胎確認後条件20万円、産駒誕生後条件30万円で供用開始。[[2010年]]に初年度産駒がデビューし、その中で[[7月17日]]に[[新潟競馬場]]で行われた[[新馬|メイクデビュー新潟]]にてマイネイサベルが勝利し、産駒の中央競馬初勝利を記録した。マイネイサベルは[[9月5日]]の[[新潟2歳ステークス]]も制し、産駒の中央重賞初勝利、2010年デビューの新種牡馬の重賞勝利一番乗りも果たしている。ただ、マイネイサベル以外の産駒は総じて不振だったこともあり、2012年を最後に種牡馬を引退し、乗馬に転用された。引退報道前にマイネイサベルが重賞2勝目を挙げていたが、その時点ですでにレックススタッドを退厩していたという[http://www.keibabook.co.jp/homepage/topics/topicsinfo_new.aspx?subsystem=0&kind=0&category=09&filename=KON23711]。
 
[[2010年]]に初年度産駒がデビューし、その中で[[7月17日]]に[[新潟競馬場]]で行われた[[新馬|メイクデビュー新潟]]にてマイネイサベルが勝利し、産駒の中央競馬初勝利を記録した。マイネイサベルは[[9月5日]]の[[新潟2歳ステークス]]も制し、産駒の中央重賞初勝利、2010年デビューの新種牡馬の重賞勝利一番乗りも果たしている。
 
ただ、マイネイサベル以外の産駒は総じて不振だったこともあり、2012年を最後に種牡馬を引退した。引退報道前にマイネイサベルが重賞2勝目を挙げていたが、その時点ですでにレックススタッドを退厩していたという[http://www.keibabook.co.jp/homepage/topics/topicsinfo_new.aspx?subsystem=0&kind=0&category=09&filename=KON23711]。
 
現在、テレグノシスは[[札幌]]にある乗馬クラブ[[モモセライディングファーム]]で余生を送っている。
 
=== 代表産駒 ===

案内メニュー