「類 (アクセント)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎名詞: 表の修正。)
::院政期京都で低降 現代京都で低降/低降(低)または低高(低) 東京で高低(低)
;三拍名詞
:一類…いわし・漆・夫・踊り・飾り・形・かつお・かまど・着物・鎖・位・車・煙・麹・氷・今年・魚・桜・印・畳・机・隣・寝言・初め・鼻血・額・羊・埃・祭・港・都・{{高線|昔}}・柳など
::院政期京都で高高高 現代京都で高高高(高) 東京で低高高(高)
:二類…<u>小豆</u>・女・毛抜き・<u>二重</u>・{{高線|二つ}}・{{高線|二人}}・三つ・娘・六つ・八つ・四つなど
::院政期京都で高高低 現代京都で高低低(低) 東京で低高高(低)
:三類…あわび・{{高線|黄金}}・{{低線|小麦}}・さざえ・<u>力</u>・二十歳・{{高線|岬}}・{{低線|小麦}}・あわびなど
::院政期京都で高低低 現代京都・東京ともに高低低(低)
:四類…明日・あたま・<u>うずら</u>・<u>団扇</u>・扇・男・<u>思い</u>・表・鏡・かしら・刀・<u>瓦</u>・<u>昨日</u>・言葉・暦・<u>境</u>・硯・宝・俵・鼓・袴・はさみ・光・響き・袋・仏・筵など
::院政期京都で低低低 現代京都で高低低(低) 東京で低高高(低)
:五類…朝日・<u>油</u>・<u>五つ</u>・<u>いとこ</u>・命・かいな・きゅうり・<u>心</u>・姿・すだれ・情け・なすび・涙・<u>柱</u>・箒・枕・もみじなど
::院政期京都で低低高 現代京都・東京ともに高低低(低)
:六類…うさぎ・うなぎ・蛙・<u>からす</u>・きつね・虱・すずめ・背中・<u>高さ</u>・団子・ねずみ・裸・左・みみずなど
::院政期京都で低高高 現代京都で低低高/低低低(高) 東京で低高高(高)
:七類…<u>いちご</u>・<u>後ろ</u>・蚕・兜・<u>からし</u>・<u>鯨</u>・<u>薬</u>・便り・病まい・椿・<u>たらい</u>・椿・<u>からし</u>・病まいなど
::院政期京都で低高低 現代京都で低高低(低) 東京で高低低(低)
 
匿名利用者

案内メニュー