「インモータルズ -神々の戦い-」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
テセウスは盗人のスタブロス([[スティーヴン・ドーフ]])と共に捕らえられていたが、近くに捕らえられているパイドラはテセウスのヴィジョンを見て、混乱に乗じてテセウス、スタブロスや他の囚人達を逃がした。テセウスはハイペリオンを追跡する決意をし、船を襲うものの、ハイペリオン軍に制圧されそうになる。そのときポセイドンが意を決してオリンポスから海に飛び込み、巨大な波を起こしてハイペリオン軍を流してしまう。
 
パイドラは、布に覆われた人のそばに立つテセウスのヴィジョンを見て、アイトラを埋葬するためテセウスを村に戻す決心をする。テセウスがアイトラを埋葬していると、近くの岩に埋まっているエピロスの弓を発見する。しかしテセウスがエピロスの弓を取り出すと、ハイペリオンの部下の[[ミーノータウロス|ミノタウロス]]([[ロバート・マイエ]])が現れ攻撃される。テセウスはミノタウロスを殺し、弓矢で仲間を救うが、ミノタウロスに負わされた傷から毒が回る。パイドラはテセウスを介抱し、そしているうちに恋に落ちる。彼らはパイドラの神殿に戻るが、一方ハイペリオン軍はタルタロス山に向かっていた。神殿ではスタブロスとテセウスが奇襲を受け、テセウスはエピロスの弓をなくしてしまう。ハイペリオン軍には数で勝てず、アレスはテセウスを助け、アテナはタルタロス山に向かうための馬を与える。ゼウスが現れ、勝手にテセウス達を助けたことに怒アレス殺す。ゼウスはテセウスに、これ以上神々はテセウス達を助けないこと、信仰を持ち続けることと語る。なく交わたエピロスの弓はハイペリオンの手に渡っていた。
 
彼らはパイドラの神殿に戻るが、一方ハイペリオン軍はタルタロス山に向かっていた。神殿ではスタブロスとテセウスが奇襲を受け、テセウスはエピロスの弓をなくしてしまう。ハイペリオン軍には数で勝てず、そこにアレスが助けにきて、ハイペリオン軍を粉砕する。また、アテナはタルタロス山に向かうための馬を与える。しかしゼウスが現れ、勝手にテセウス達を助けたことに怒りアレスは殺される。ゼウスはテセウスに、これ以上神々はテセウス達を助けない、信仰を持ち続け自らの力で戦えと告げる。なくしたエピロスの弓はハイペリオンの手に渡っていた。
テセウス、スタブロス、パイドラはタルタロス山に向かう。テセウスは[[ギリシャ人|ヘレネス]]王カッサンドロス([[スティーヴン・マクハティ]])にハイペリオンの計画について警告するが、カッサンドロスはテセウスの神話などの神々の話を退け、ハイペリオンとの和平交渉を提案する。翌日、ハイペリオンは弓を使い、タルタロス山にある破壊不可能であるはずの壁を破壊し、ヘリオスを殺害する。テセウスはヘレネス軍を率い、ハイペリオン軍と戦いリサンドラーを殺害する。ハイペリオンは和平交渉を提案するカッサンドロスをいとも簡単に殺す。ハイペリオンは山を破壊するためにエピロスの弓を使い、スタブロスとテセウスが阻止することができないままハイペリオンはタイタンを解き放ち、タイタンは人間を倒していく。スタブロスはエピロスの弓を手に入れタイタンを撃つが、タイタンが次々襲ってきて歯が立たない。ゼウス、ポセイドン、アテナ、ヘラクレス、アポロが登場し、テセウスがハイペリオンと対決している間、タイタンと戦う。ゼウスはアレスのハンマーでエピロスの弓を破壊する。神々はタイタンよりも強固であるが、数では勝てずゼウスとポセイドンを残し皆亡くなってしまう。テセウスはハイペリオンを殺し、ゼウスはタルタロス山を破壊し、ゼウスはポセイドンおよびアテナの遺体と共にオリンポスに戻る。山の崩壊により、ハイペリオン軍は一掃される。致命的な重傷を負ったテセウスもオリンポスに召され、神としての地位を与えられる。
 
テセウス、スタブロス、パイドラはタルタロス山に向かう。テセウスは[[ギリシャ人|ヘレネス]]王カッサンドロス([[スティーヴン・マクハティ]])にハイペリオンの計画について警告するが、カッサンドロスはテセウスの神話などの神々の話を退け信じず、ハイペリオンとの和平交渉を提案する。翌日、ハイペリオンは弓を使い、タルタロス山にある破壊不可能であるはずの壁を破壊し、ヘリオスを殺害する。テセウスはヘレネス軍を率い、ハイペリオン軍と戦いリサンドラーを殺害する。ハイペリオンは和平交渉を提案するカッサンドロスをいとも簡単に殺す。ハイペリオンは山を破壊するためにエピロスの弓を使い、スタブロスとテセウスが阻止することができないままハイペリオンはエピロスの弓でタイタンを解き放ち、タイタンは人間を倒していく。スタブロスはエピロスの弓を手に入れ奪いタイタンを撃つが、タイタンが次々襲ってきて歯が立たない。そこにゼウス、ポセイドン、アテナ、ヘラクレス、アポロが登場し、テセウスがハイペリオンと対決している間、タイタンと戦う。ゼウスはアレスのハンマーでエピロスの弓を破壊する。神々はタイタンよりも強固であるが、数では勝てずゼウスとポセイドンを残し皆亡くなってしまう。テセウスはハイペリオンを殺し、ゼウスはタルタロス山を破壊し、ゼウスはポセイドンおよびアテナの遺体と共にオリンポスに戻る。山の崩壊により、ハイペリオン軍は一掃される。致命的な重傷を負ったテセウスもオリンポスに召され、神としての地位を与えられる。
 
神々はタイタンよりも強固であるが、数では勝てずゼウスとポセイドンを残し皆亡くなってしまったが、テセウスがついにハイペリオンを殺した。ゼウスはタルタロス山を破壊し、ポセイドンおよびアテナの遺体と共にオリンポスに戻る。山の崩壊によりハイペリオン軍は一掃され、致命的な重傷を負ったテセウスはオリンポスに召され、神としての地位を与えられる。
 
数年後、テセウスの話は伝説となり、パイドラはテセウスとの息子[[アカマース#テーセウスの子|アカマス]](ゲイジ・マンロー)を授かる。アカマスは、将来彼も父と同じように悪と戦うことになるだろうと語る老人と出会う。アカマスはテセウスを含め、神々とタイタンの戦いで埋め尽くされる空のヴィジョンを見る。
188

回編集

案内メニュー