「高森勇旗」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
出典をつける。
(出典をつける。)
 
== 経歴 ==
小学三年時、父と兄の影響で野球を始める。当時はイヤイヤやっていたが、「辞めたい」と言いだせないまま続けていた<ref name="toyokeizai">{{Cite web|url= http://toyokeizai.net/articles/-/56741?page=2|title=24歳でプロ野球をクビになった男が見た真実 |publisher=東洋経済オンライン |accessdate=2014-12-26}}</ref>。中学時代は高岡シニアに所属。[[中京高等学校|中京高校]]では1年夏から正[[捕手]]を任され、高校通算30[[本塁打]]。[[日本の高校野球#全国大会|甲子園]]出場は無く、同高校の同級生に[[池ノ内亮介]](2010年[[広島東洋カープ]]育成ドラフト2位)。{{by|2006年}}の[[2006年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|高校生ドラフト]]4巡目で[[横浜DeNAベイスターズ|横浜ベイスターズ]]から指名され、[[10月14日]]に[[名古屋市]]のホテルで契約。
 
{{by|2007年}}は二軍で25[[試合#野球|試合]]に出場。高卒新人ということもあり、[[打率]]は.095と打力を発揮できなかった。
 
== 人物 ==
少年時代は野球より勉強の方がはるかに好きで、将来は考古学者になろうと思っていた<ref name="toyokeizai"></ref>
 
野球選手の[[物真似]](形態模写)が得意で、食事休憩や練習の合間に披露し周囲を楽しませている。多数のチームメイトの物真似ができ、2008年のファンフェスタでは[[木塚敦志]]・[[吉見祐治]]・[[大西宏明]]・[[鈴木尚典]]らの物真似を披露した。鉄板ネタに「[[木塚敦志]]」「スーパースロー映像での[[小笠原道大]]」、「フォークを空振りした[[村田修一]]」、「キャッチボールをする[[松本啓二朗]]」などがある<ref>[[週刊ベースボール]] 2013年5月27日号 「セカンドキャリアの球人力」</ref>。[[イチロー]]・[[金本知憲]]・などの物真似もできる。シーズンオフに共に自主トレを行っていた[[石井琢朗]]のブログでも紹介されている。
7,372

回編集

案内メニュー