コンテンツにスキップ

「ユールラッズ」の版間の差分

編集の要約なし
m編集の要約なし
編集の要約なし
'''ユールラッズ'''は[[アイスランド]]の[[クリスマス]]に登場する13人の[[サンタクロース]]にあたる妖精である。ユールラッズ([[英語]]:''Yule lads'')またはユールメン([[英語]]:''Yulemen'')、[[アイスランド語]]では''jólasveinarnir'' または ''jólasveinar''と呼ばれる。クリスマスの13日前から毎晩一人ずつ、人里にやってきて子供達を訪れる。[[12月24日]]に全員揃い、[[12月25日]]から一人ずつ山へと帰って行く。
 
 
== 概要 ==
ユールラッズはキリスト教のサンタクロースの物語と、アイスランドのヴァイキング時代の物語が混ざり合って作り出されたと考えられている。
 
1932年にアイスランドの詩人Jóhannes úr Kötlumによって"Jólasveinarnir"という詩が"Jólin Koma" というクリスマスに関する詩集の一部として出版された。この詩は13人のユールラッズについての物語をもう一度アイスランド国内に広め、現在のユールラッズの物語の元になっている。
 
この13人のユールラッズは伝統的に、山姥のGrýla (グリーラ)の息子達であると言われている。また猫とともに描かれる事も多く、この猫はクリスマスに新しい服を着ない子供達を食べると信じられている。
 
 
== 13人のユールラッズの特徴 ==
13人ユールラッズは[[12月12日]]から、毎日一人ずつ民家に現れる。それぞれに特徴があり、いずれも優しいサンタクロースのイメージとは異なり悪さをしていくものばかりである。
 
*'''Stekkjarstaur'''(ステキャルストゥイル)
5

回編集