「野生絶滅種」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
[[ファイル:Status iucn3.1 EW.svg|thumb|250px|IUCNのレッドリストにおける野生絶滅]]
'''野生絶滅''' (やせいぜつめつ、Extinct in the Wild, EW) は、[[種 (分類学)|生物種]]([[亜種]]以下の場合もある。以下同)の[[保全状況]]のひとつ。その種の生息・生育が飼育下のみでしか確認されない場合、もしくは元の生息・生育地とは違う地域で野生化したものしか確認されない場合に、その種は野生絶滅したとみなされる<ref>IUCN, "2001 IUCN Red List Categories and Criteria: Version 3.1" p.14 http://www.iucnredlist.org/documents/redlist_cats_crit_en.pdf Last visited: 30 May 2010.</ref>.
 
{{Conservation status}}
* [[レッドテールブラックシャーク]](1996年に野生絶滅)
* [[ヒトコブラクダ]](ただし多数の個体が家畜化されている)
* [[ソコロナゲキバト]](1970年代に野生絶滅) ([[w:Socorro Dove|en]]) (1970年代に野生絶滅)
 
== 再導入 ==
570

回編集

案内メニュー