「ロレックス」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
現在は「ウォッチ」に分類される[[腕時計]]を主たる商品としている(時計業界では、腕時計や懐中時計を「ウォッチ」、置時計や壁時計などを「クロック」としている)時計メーカー。全ての部品を自社製造している[[マニュファクチュール]]であり、なおかつその大部分でクロノメーター認定を受けている<ref>ただし元々スイスの時計産業は分業化が進んでおり、クォーツショック以前でも自社一貫生産をするメーカーのほうが少数派であった。</ref>。
 
20世紀初頭に時計商社としてイギリスで創業したが、当時は時計関税が高額だったため以後漸次スイスに拠点を移し、その過程でメーカー化した。懐中時計が主流であった当時、早くから腕時計の利便性に着目し<ref>初期には懐中時計も生産した。</ref>、別会社である「オイスター社」が開発し、それまでの腕時計と比較して防水性が格段に高い「オイスターケース」を実用化、自動巻き機構「パーペチュアル機構」や日付が午前零時頃に一瞬で切り替わる「デイトジャスト機構」を発明、腕時計で初めて[[クロノメーター]]の認定を受けるなど実用的な機械式腕時計メーカーとして不動の地位を築き、今日に至っている
 
高級時計としての知名度とイメージ、金無垢やコンビさらにはダイヤモンドなどの宝飾を使用することで高級感を出す手法を多用することなどから、日本国内では[[成金]]的なイメージがある。
 
高級時計[[ブランド]]として世界中で知名度を有しており、コピー商品・再生品(いわゆる偽ブランド品)が多い。これらの偽物・再生品は保証書がないものが多く、現在日本国内の正規代理店は保守・修理を受付けていない。偽物の多さから偽ロレックスの収集家もいる。
 
== ブランド ==
: 主要ブランド。本項で説明する。
; チュードル ({{en|Tudor}})
: 元々は元本国イギリスでの販売拡大を狙って発売され、名前はかつてのイギリス王家[[テューダー朝|チューダー家]]にちなむ。トレードマークもチューダー家と同じ薔薇であり、初期のモデルは文字盤に薔薇が描かれてい(現在は盾のマーク)。一時期日本でも正規販売されていたが、現在は正規代理店の取り扱いはない(但し、時計のオーバーホールは日本ロレックスで受け付けてくれる)。汎用ムーヴメントである[[エタ (時計)|ETA(エタ)]]社製のムーブメントを使用し、ケースはロレックス製の物を使用している。当初は本家ロレックスに似たモデルを多く販売していたが、現在は独自のデザインによるモデルを主に販売している。
 
== 略歴 ==
ロレックス自身が正式に明らかにしていないのでよくわかず不明部分が多々ある。一般に知られるのは以下の通りである。
 
=== ウィルスドルフ&デイビス→ロレックス・ジュネーヴ ===
 
; 創業者はルース・ハイドフェルド
: 英語サイトで創業者例外なく「ハンス・ウィルスドルフ」({{de|Hans Wilsdorf}}) )とされており、ルース・ハイドフェルド説を唱えているサイトは例外なく原語表記を併記していないことで明らかなようにこれは日本に限定して流布しているデマである。
; ロレックスは1908年にスイスに移った
: この年はスイスで商標を初登録した年である。スイス移転は上記略歴のように単純に「何年」と言えるようなものではない。
80

回編集

案内メニュー