「フーガの技法」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
 
== 経緯 ==
1740年代前半に作曲がはじめられ、[[ヨハン・セバスティアン・バッハ|バッハ]]最晩年となる1740年代後半に作曲と並行して出版が準備されたが、その途中で作曲者の視力が低下、未完成のフーガ1曲を残したまま作曲が中断された。何人かの音楽学者によって「最初の12曲が1742年に、チェンバロ独奏を想定して作曲された」ことが判明しているが、残りのフーガを書き始めた経緯は、今もなお不明である。曲集は[[ヨハン・セバスティアン・バッハ|バッハ]]の死後、未完成のまま出版された。様々な様式・技法による14曲の[[フーガ]]と4曲の[[カノン (音楽)|カノン]]が現行の多くの版に収録されている。彼は卓越した[[対位法]]技法を駆使し、単純な主題を入念に組み合わせることによって至高へと導いた。
 
様々な様式・技法による14曲の[[フーガ]]と4曲の[[カノン (音楽)|カノン]]が現行の多くの版に収録されている。彼は卓越した[[対位法]]技法を駆使し、単純な主題を入念に組み合わせることによって至高へと導いた。
 
『フーガの技法』は、他に例を見ない緊密な構築性と創造性によって、クラシック音楽の名作の一つだと考えられている。
6,908

回編集

案内メニュー