「宇佐美灊水」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m編集の要約なし
{{記事名の制約|title=宇佐美灊水}}
'''宇佐美 灊水'''(うさみ しんすい、[[宝永]]7年[[1月23日 (旧暦)|1月23日]]([[1710年]][[2月21日]]) - [[安永]]5年[[8月9日 (旧暦)|8月9日]]([[1776年]][[9月21日]]))は、[[江戸時代]]中期の[[儒学者]]。[[諱]]は''''''。[[字]]は'''子迪'''。通称は'''恵助'''[[雅|号]]は灊水。[[宇佐美習翁]]の子。
 
== 経歴 ==
[[上総国]][[夷隅郡]][[長者町]](現 [[千葉県]][[いすみ市]])出身。「夷隅」は「夷'''灊'''」とも表記され、[[夷隅川]]のことを「灊水」と称したことからこれを号にしたと言われている。
[[上総国]][[夷隅郡]]出身。「夷隅」は「夷灊」とも表記され、[[夷隅川]]のことを「灊水」と称したことからこれを号にしたと言われている。学問を愛好した父親の影響を受け、17歳の時に[[江戸]]に出て[[荻生徂徠]]の門人となる。ところが、3年後に徂徠が没したため、[[太宰春台]]・[[大内熊耳]]・[[板倉帆邱]]ら同門の先輩・友人らの指導を受けて研究を進めた。徂徠晩年の門人であったが、その遺著の刊行に尽力するところが大きく、門人たちの間でも重んじられた。一度板倉帆邱を連れて上総に帰国し、後に江戸に再び出て塾を開いた。上総時代、[[荻生北渓]]が[[山井鼎]]の遺著である『[[七経孟子考文]]』の校訂を行った際にこれを助けている。[[寛延]]元年([[1748年]])以後、[[松江藩]]に仕えて[[江戸藩邸]]にて[[世子]]の教育を掌った。[[明和]]3年([[1766年]])に『輔儲論』を著し、世子教育のあり方について論じている。その他の著書としては『聖教類語和解』・『社倉考』・『事務談』などが知られ、門人に[[海保青陵]]がいる。
 
[[上総国]][[夷隅郡]]出身。「夷隅」は「夷灊」とも表記され、[[夷隅川]]のことを「灊水」と称したことからこれを号にしたと言われている。学問を愛好した父親の影響を受け、17歳の時に[[江戸]]に出て[[荻生徂徠]]の門人となる。ところが、3年後に徂徠が没したため、[[太宰春台]]・[[大内熊耳]]・[[板倉帆邱]]ら同門の先輩・友人らの指導を受けて研究を進めた。徂徠晩年の門人であったが、その遺著の刊行に尽力するところが大きく、門人たちの間でも重んじられた。一度板倉帆邱を連れて上総に帰国し、後に江戸に再び出て塾を開いた。上総時代、徂徠の弟の[[荻生北渓]]が[[山井崑崙]]の遺著である『[[七経孟子文]]』の校訂を行った際にこれを助けている。[[寛延]]元年([[1748年]])以後、[[松江藩]]に仕えて[[江戸藩邸]]にて[[世子]]の教育を掌った。[[明和]]3年([[1766年]])に『輔儲論』を著し、世子教育のあり方について論じている。その他の著書としては『聖教類語和解』・『社倉考』・『事務談』などが知られ、門人に[[海保青陵]]がいる。
息子がいたが才能に恵まれず一度は[[片山兼山]]を[[養子]]としたが、兼山が徂徠の学説を批判したことからこれを追って、自分の甥を改めて養子とした(兼山は後に[[折衷学派]]の祖の1人とされる)。
 
[[寛延]]元年([[1748年]])以後、[[松江藩]]に仕えて[[江戸藩邸]]にて[[世子]]の教育を掌った。[[明和]]3年([[1766年]])に『輔儲論』を著し、世子教育のあり方について論じている。その他の著書としては『聖教類語和解』・『社倉考』・『事務談』などが知られ、門人に[[海保青陵]]がいる。
 
息子がいたが才能に恵まれず一度は[[片山兼山]]を[[養子]]としたが、兼山が徂徠の学説を批判したことからこれを追って、自分の甥を改めて養子とした(兼山は後に[[折衷学派]]の祖の1人とされ)。
 
安永5年(1776年)に67歳で没し、墓所は[[東京都]][[新宿区]]の[[戒行寺]]にある。

案内メニュー