「伊谷純一郎」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
(→‎著書: 新作の追加)
== 著書 ==
*『[[高崎山]]のサル』 光文社 1954年、思索社 1971年、新版1976年/[[講談社文庫]] 1973年、講談社学術文庫、2010年
*『ゴリラとピグミーの森』 [[岩波新書]]、初版1961年、復刊1989年ほか
*『大旱魃 トゥルカナ日記』 新潮社〈[[新潮選書]]、1982年
*『アフリカ紀行 ミオンボ林の彼方』 [[講談社学術文庫]] 1984年
*『チンパンジーの原野 野生の論理を求めて』 [[平凡社]] 1977年/[[平凡社ライブラリー]] 1993年
*『霊長類社会の進化』  平凡社〈自然叢書〉 1987年 
*『自然の慈悲』  平凡社 1990年  エッセイ集
*『自然がほほ笑むとき』 平凡社 1993年  エッセイ集
*『サル・ヒト・アフリカ [[私の履歴書]]』 [[日本経済新聞出版社]] 1991年 自伝
*『森林彷徨 熱帯林の世界1>1〉』 [[東京大学出版会]] 1996年 
*『原野と森の思考 フィールド人類学への誘い』 岩波書店、2006年 ISBN 4000227599。エッセイ集成
*『伊谷純一郎著作集』  平凡社 2007年~2009年
**第一巻 日本霊長類学の誕生 ISBN 4582516114
**第二巻 類人猿を追って ISBN 4582516122
**第五巻 遊牧社会の自然誌 ISBN 4582516157
**第六巻 人類学と自然の旅 ISBN 4582516165
*『人類発祥の地を求めて 最後のアフリカ行』 [[伊谷原一]]編、岩波書店〈[[岩波現代文庫全書]]、2014年。伊谷原一編
 
== 論文 ==
匿名利用者

案内メニュー