「経 (仏教)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
 
== 概要 ==
大きく原始仏典と大乗仏典にわかれる。原始仏典にはパーリ五部および漢訳の阿含経典群があり、その一部は釈尊の言葉を比較的忠実に伝えているといわれる。
 
原始仏典にはパーリ五部および漢訳の[[阿含経]]典群があり、その一部は釈尊の言葉を比較的忠実に伝えているといわれる。
大乗仏教の代表的な経典としては、[[法句経]]、[[阿含経]]、[[般若経]]、[[維摩経]]、[[涅槃経]]、[[華厳経]]、[[法華三部経]]、[[浄土三部経]]、[[金剛頂経]]などが挙げられる。大乗仏典は西暦紀元前後以降、大乗仏教教団によって[[サンスクリット]]語で編纂された。歴史上の釈尊の説ではないとする[[大乗非仏説]]も古来あるが、そのため抽象化された非人間的存在としての[[ブッダ]]の説すなわち仏説であるとする考えが一般的である。般若経典群、法華経、華厳経その他がこれに含まれる。
 
大乗仏教の代表的な経典としては、[[法句経]]、[[阿含経]]、[[般若経]]、[[維摩経]]、[[涅槃経]]、[[華厳経]]、[[法華三部経]]、[[浄土三部経]]、[[金剛頂経]]などが挙げられる。大乗仏典は西暦紀元前後以降、大乗仏教教団によって[[サンスクリット]]語で編纂された。歴史上の釈尊の説ではないとする[[大乗非仏説]]も古来あるが、そのため抽象化された非人間的存在としての[[ブッダ]]の説すなわち仏説であるとする考えが一般的であしている。般若経典群、法華経、華厳経その他がこれに含まれる。
 
言語的には、[[パーリ語]]・サンスクリット語などのインドのものを初めとして、[[中国語|漢語]]、[[チベット語]]、[[モンゴル語]]、[[満州語]]のものがあり、[[西夏]]語のものも一部現存する。漢語やパーリ語から日本語に訳したものもこれに準じる。

案内メニュー