「チャタレー事件」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
m
|参照法条=刑法175条、憲法21条
}}
'''チャタレー事件'''(チャタレーじけん)は、[[イギリス]]の[[作家]][[D・H・ローレンス]]の作品『[[チャタレイ夫人の恋人]]』を[[日本語]]に訳した作家[[伊藤整]]と、版元の[[小山書店]]社長[[小山久二郎]]に対して[[刑法 (日本)|刑法]]第175条の[[わいせつ物頒布罪]]が問われた事件で、日本政府と進駐軍による検閲が行なわれていた占領下の1951年に始まり<ref name="repo1"/>、1957年の上告棄却で終結した。[[わいせつ]]と[[表現の自由]]の関係が問われた。
 
== 概要 ==

案内メニュー