「田目皇子」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''田目皇子'''(ため の みこ、[[敏達天皇]]元年(572年)? - 没年不詳)は[[用明天皇大和時代]]の第一皇子。母は[[蘇我石寸名皇族]]([[蘇我稲目]]の娘)子に男子一人(一説でまた[[高向多米]]とも呼ばれる<ref>鈴木真年『史略名称訓義』皇極天皇条、中田憲信『皇胤志』(いずれも宝賀寿男[[代氏族系譜集成事記]]古代氏族研究会、1986年、110頁 による)</ref>)と[[佐富女王]]がいる。[[聖徳太子]]の異母兄
 
== 概要 ==
用明天皇の死後、義母の[[穴穂部間人皇女]](聖徳太子の母)と結婚したという。穴穂部間人皇女は佐富女王を産んだ。
[[用明天皇]]の第一皇子。母は[[蘇我石寸名]]([[蘇我稲目]]の娘)。子に男子一人(一説では[[高向王]]<ref>鈴木真年『史略名称訓義』皇極天皇条、中田憲信『皇胤志』(いずれも宝賀寿男『古代氏族系譜集成』古代氏族研究会、1986年、110頁 による)</ref>)と[[佐富女王]]がいる。[[聖徳太子]]の異母兄。
 
用明天皇の死後、母の[[穴穂部間人皇女]](聖徳太子の母)と結婚したという。穴穂部間人皇女は佐富女王を産んだ。
 
== 脚注 ==
15,182

回編集

案内メニュー