「断裁」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m
'''断裁'''(だんさい)とは、[[製本]]の加工工程の一つ。[[印刷]]された[[紙]]や白[[紙]]を断裁機で[[紙#洋紙寸法|規格]]や指定仕様の寸法に切ること。[[中綴じ]]・[[平綴じ]]・[[無線綴じ]]・[[天糊製本]]などの製本工程が終わった後に、本の断面を揃えるために断裁することを'''化粧断ち'''と呼ぶ。製本業者が使う業務用の断裁機は、紙を重ねた高さで10~15cm前後迄、0.1mm~0.01mmの精度で断つことができる。
 
また、[[機密性]]の高い情報が記してある[[書類]]を処分する際に、切り裂いて処分することがある。これを[[断裁処分]]といい、紙を細い線状に切り裂くための機械を断裁機、[[シュレッダー]]と呼ぶ。
 
==主な業務用断裁機メーカー==
*[http://www.itotec.co.jp/ イトーテック]
*[http://www.wohlenberg.de/set/e_index.htm ボーレンベルグ]
 
 
[[Category:出版|たんさい]]
326

回編集

案内メニュー