「ラザフォード・ヘイズ」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 85 件をウィキデータ上の d:q35686 に転記)
**[[シーダークリークの戦い]]
}}
'''ラザフォード・バーチャード・ヘイズ'''({{lang-en-short|'''Rutherford Birchard Hayes'''}}, [[1822年]][[10月4日]] - [[1893年]][[1月17日]])は、第19代[[アメリカ合衆国大統領]]。[[ホワイトハウス]]で就任の宣誓をした初の大統領。大統領として彼は[[レコンストラクション]]の終盤と、[[アメリカ合衆国]]の[[第二次産業革命]]初期に国を率いた。ヘイズは[[南北戦争]]で分断された南北の和解を試み、後には官庁改革に取り組んだが、いずれも成果を上げるには至らなかった。
 
ヘイズは[[オハイオ州]][[デラウェア (オハイオ州)|デラウェア]]で生まれ、ロウワー・サンダスキー(現在のフリーモント)で弁護士を開業し、1858年から1861年までシンシナティの法務官を務めた。南北戦争が始まると、好調な政治活動を離れて北軍に加わる。彼は5度も負傷し、最も重い負傷は[[サウス山の戦い]]でであった。戦闘における勇気と功績で名声を得、少将まで昇進した。戦後は共和党員として1865年から1867年まで下院議員を務めた。議員退職後[[オハイオ州知事]]選に出馬し、二期を務める。二期目の終了後弁護士業を再開したが、1875年に知事の三期目を務めた。
 
==注==
{{Reflist|group=note|colwidth=35em}}
 
==参照==
82

回編集

案内メニュー