コンテンツにスキップ

「令義解」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
『'''令義解'''』(りょうのぎげ)とは、[[833年]]([[天長]]10年)に[[淳和天皇]]の勅により右大臣[[清原夏野]]を総裁として、文章博士[[菅原清公]]ら12人によって撰集された[[令]]の解説書。全10巻。この書物によって、[[大宝律令|大宝令]]・[[養老律令|養老令]]が伝えられている。
 
同じく養老令の注釈書である『[[令集解]]』([[惟宗直本]]の私撰注釈書)と違って、こちらには法的効力(官撰注釈書)がある。
 
== 刊行本 ==
*『新訂増補国史大系  22.律・令義解』 吉川弘文館
 
{{Japanese-history-stub}}
{{DEFAULTSORT:りようのきけ}}
[[Category:日本の令]]
[[Category:法律書]]
[[Category:9世紀の書籍]]
{{Japanese-history-stub}}
匿名利用者