「ジャネーの法則」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''ジャネーの法則'''(ジャネーのほうそく)は、[[19世紀]]の[[フランス]]の[[哲学者]]・[[ポール・ジャネ]]が発案し、甥の[[心理学者]]・[[ピエール・ジャネ]]が著作で紹介した[[法則]]。主観的に記憶される年月の長さです。同じ1年も、年少者にはより長く、年長者にはより短く評価され感じるという現象を[[心理的・数]]的に解明しました。
 
例えば、50歳の人にとって1年の長さは人生の50分の1ほどあるが、す。5歳の人間にとっては5分の1に相当します。数学的には50歳:5歳=10:1という事になりま。よって、50歳の人にとっての10年間は5歳の人にとっての1年間に当たり、5ます。同様に50歳の人110が50は5歳の人101日に当たるこります。同じ一日が10倍も違うのです。だから、同じ1年も5歳にっては長く、50歳とってはアッという間のです。年々1年が短く感じのは気のせいではないのです
簡単に言えば[[生涯]]のある時期における[[時間]]の[[心理]]的長さは年齢の[[逆数]]に[[比例]]する(年齢に反比例する)。
これで、お年寄りが日向ぼっこしているうちに1年が過ぎる感覚も理解できます。
 
例えば、50歳の人間にとって1年の長さは人生の50分の1ほどであるが、5歳の人間にとっては5分の1に相当する。よって、50歳の人間にとっての10年間は5歳の人間にとっての1年間に当たり、5歳の人間の1日が50歳の人間の10日に当たることになる。
匿名利用者

案内メニュー