コンテンツにスキップ

「予備役」の版間の差分

[[大日本帝国海軍|日本海軍]]保有艦船の内、[[連合艦隊]]など[[艦隊]]に編入や付属されたり、[[鎮守府]]、[[警備府]]に所属して任務に属している船を 「在役艦船」、その他の役務を持たない船を 「'''予備艦船'''」 と呼んでいた。
 
平時での艦隊編制は、国策の遂行や海上警備など通常任務に常時対処でき、かつ編制内容が戦時即応に近い編制内容へとづくようその年度の海軍予算的に内で可能な限り心掛けられていたが、当然ながら戦時下の艦隊編制とは異なっていた。[[1935年]](昭和10年)の日本海軍保有艦艇数は273隻だったが、その内の103隻が予備艦であり、実に保有艦艇数の38%にも及んだ。
 
予備艦は船の状態により、いくつかに分かれていた。
匿名利用者