「横領罪」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m (ボット: 言語間リンク 23 件をウィキデータ上の d:q157833 に転記)
== 親族間の特例 ==
[[窃盗罪]]の[[親族相盗例]]の規定が横領罪にも準用される([[b:刑法第255条|刑法255条]]、[[b:刑法第244条|244条]])。
なお、[[成年後見人]]、[[未成年後見人]]による被後見人財産の横領のケースでは、親族であろうと準用されないとするのが判例である(成年後見人につき最決平成24年10月9日、未成年後見人につき最決平成20年2月18日)。
 
==関連項目==
131

回編集

案内メニュー