「西ヶ原遊郭」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
'''西ヶ原遊郭'''(にしがはらゆうかく)はかつて[[岐阜県]][[土岐郡]]多治見町(現在の[[多治見市]]に存在した[[遊廓]]。
 
==概要==
[[岐阜市|岐阜]]の[[金津園|金津遊郭]]、[[大垣市|大垣]]の旭遊郭と並ぶ[[東濃地方|東濃]]随一の遊郭であった。現在の[[新羅神社 (多治見市)|新羅神社]]北側、広小路2丁目南存在した。
 
[[明治]]22年([[1889年]])町制施行当時の[[多治見町]]に西ヶ原遊郭が設置された。明治37年([[1904年]])7月9日から11日までの大雨で[[土岐川]]・笠原川合流地点が決壊し、多治見西部が浸水し遊郭一帯も床上3、4尺(約0.9m~1.2m)浸水した。
 
[[昭和]]5年([[1929年]])全盛期当時の娼楼は11軒、遊女87人だったという<ref>参考資料:『日本全国遊廓一覧』(上村行彰)1929年</ref>。 昭和33年([[1958年]])[[売春防止法]]施行により廃止された。
匿名利用者

案内メニュー