「煮びたし」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m (ボット: 言語間リンク 1 件をウィキデータ上の d:Q10856263 に転記)
m
 
== 煮びたしの材料の例 ==
* [[小松菜]]、[[チンゲンサイ]]、[[水菜]]や[[キャベツ]]などの葉物野菜。いずれも火を通しすぎると食感が損なわれ色も悪くなるので、煮すぎないように気を付ける。
** [[ホウレンソウ]]はもともと歯ごたえのある野菜ではないので、煮びたしにはあまり向かない。[[シュウ酸]]を含むため用いる場合は下茹でする。
** [[クレソン]]のように強い芳香を持つ野菜はあまり用いない。
* [[もやし]]
* [[ナス]](皮を剥く) ナスの場合、皮付きのまま素揚げしてつゆに浸した物を「煮びたし」と呼ぶ場合がある。詳しくは[[おひたし]]の項目を参照のこと。
* [[アユ|鮎]](白焼きした鮎を煮汁をたっぷり含むように煮る。梅干しを加えることもある)。他に[[フナ]]、[[アジ]]等もあるが近年ではあまり見られない。
 
== 他の煮物との相違 ==
 
== 関連項目 ==
* [[ナムル]]
* [[おひたし]]
 
{{Food-stub}}
 
[[Category:日本の野菜料理|にひたし]]
[[Category{{デフォルトソート:日本の魚介料理|にひたし]]}}
[[Category:日本の野菜料理|にひたし]]
[[Category:日本の魚介料理]]
75,591

回編集

案内メニュー