「シリアの歴史」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
[[ファイル:Omayyad mosque.jpg|thumb|[[ダマスカス]]の[[ウマイヤド・モスク]]([[7世紀]])]]
{{main|ウマイヤ朝}}
7世紀にはイスラム勢力が勃興し、イスラム圏に組み入れられた。[[ウマイヤ朝]]のもとでは[[ダマスカス]]が首都とされた。その後[[754年]]に樹立された[[アッバース朝]]は[[バグダード]]を首都としたため、シリア地方に転落した。しかし、バグダードからはシリアのダマスカスに通じる門と街道が整備された。その後[[10世紀]]には[[ファーティマ朝]]が支配するが、10世紀末の反抗運動により撤退した。その後中央アジアから[[トルコ系]]遊牧民が渡来し、[[セルジューク朝]]を樹立すると、シリアには[[シリア・セルジューク朝]]が成立した。その頃[[ヨーロッパ]]から[[十字軍]]が侵攻し激戦が展開され、[[アンティオキア]]を都に置く[[アンティオキア公国]]が建国された。[[1117年]]にシリア・セルジューク朝が滅亡すると、代わって[[アルトゥク朝]]が支配したが、[[1194年]]には[[アイユーブ朝]]が取って代わった。さら[[1260年]]に[[フレグ]]率いる[[モンゴル人]]がこの地を征服し({{仮リンク|モンゴルのシリア侵攻|en|Mongol invasions of Syria}})、[[イル汗国]]を建国した。その後シリアは[[エジプト]]の[[マムルーク朝]]の支配を受けることになった。北方で[[オスマン帝国]]が興隆し、マムルーク朝が滅ぼされるとシリアはオスマン帝国の支配を受けることになった。
 
==フランス占領期==
匿名利用者

案内メニュー