「杉山賢人」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
[[専修大学硬式野球部|専修大学]]に進むと同期に[[岡林洋一]]や[[武藤潤一郎]]がいたが、同じ[[静岡県]]出身の[[望月教治]]監督が高校時代の杉山のプレーを見ており、投手に専念するよう指示された<ref name="base_19930322_112"/>。1年春の[[東都大学野球連盟|東都リーグ]]からベンチ入りして2勝を挙げ、岡林が故障していた2年春のリーグ戦では先発を数回務めている<ref name="base_19930322_112"/>。3年まで頻繁に[[外野手]]転向を訴えたが却下され、最後の1年間は必ずしも熱心に練習していなかったという<ref name="base_19940221_30">『週刊ベースボール』、1994年2月21日号、P.30</ref>。大学では3番手投手として主に[[リリーフ]]を任され、通算で4勝8敗の成績を残した。
 
大学卒業後は[[社会人野球]]の[[東芝硬式野球部|東芝]]に入り、監督の[[大田垣耕造]]やコーチの[[黒紙義弘]]の指導を受けて野球について深く考えるようになったという<ref name="base_19940221_30"/>。良い球を強気に使う[[高見泰範]]のリードなどもあって頭角を現し、勝利を挙げて自信を深めていく好循環が生まれた<ref name="base_19940221_30"/>。1年目の{{by|1991年}}の[[第62回都市対抗野球大会|都市対抗]]では1回戦から先発して勝利投手となり、[[小池秀郎]]との先発対決となった準々決勝の対[[パナソニック硬式野球部|松下電器]]戦でも6回を無失点に抑えて勝利<ref>読売新聞、1991年7月31日付朝刊、P.19</ref>。しかし準決勝の対[[住友金属野球団|住友金属]]戦では6失点し、4回途中で降板した<ref name="minichi_19940617"/>。なお、この試合で対戦した[[松本尚樹]]が社会人時代で最も印象に残っているという<ref name="minichi_19940617">毎日新聞、1994年6月17日付朝刊、P.15</ref>。決勝の対[[三菱重工長崎硬式野球部|三菱重工長崎]]戦も先発して6回を自責点0の投球で勝利投手になり<ref>読売新聞、1991年8月2日付朝刊、P.17</ref>、チームの優勝に貢献して若獅子賞を受賞している。また、同年は[[社会人ベストナイン]]にも選ばれた。
 
{{by|1992年}}には[[バルセロナオリンピック野球日本代表|バルセロナ五輪代表]]の最終選考で同じ左投手の[[渡辺正和]]とともに候補となり、渡辺がヒジの検査を受けていた事もありメンバーに選ばれた<ref name="base_19930322_113">『週刊ベースボール』、1993年3月22日号、P.113</ref>。[[バルセロナオリンピックにおける野球競技|本大会]]では予選の対[[野球ドミニカ共和国代表|ドミニカ共和国]]戦で先発し、被安打3、8奪三振で5回を無失点に抑えて勝利投手になっている<ref name="takarajima_79">『別冊宝島』1545号、P.79、2008年</ref>。3位決定戦では[[野球アメリカ合衆国代表|アメリカ]]を相手に2番手として1回1/3を投げ、被安打2、自責点1で3奪三振を挙げて<ref name="takarajima_80">『別冊宝島』1545号、P.80、2008年</ref>チームは勝利し、銅メダルを獲得した。[[第19回社会人野球日本選手権大会|同年の日本選手権]]では2勝を挙げてチームの優勝に貢献し、優秀選手に選ばれている。社会人の左投手ではNo.1と言われて<ref name="mainichi_19921118">毎日新聞、1992年11月18日付朝刊、P.21</ref>迎えた[[1992年度新人選手選択会議 (日本プロ野球)|同年のドラフト会議]]ではマウンドでの度胸などを買われ、左投手が不足していた[[埼玉西武ライオンズ|西武]]から1位指名を受け入団した<ref name="base_19940221_30"/>。球団史上最高額となる契約金1億円と、年俸1,000万円で入団契約を結んでいる<ref>毎日新聞、1992年12月17日付朝刊、P.21</ref>。なお、契約金で実家を新築したという<ref name="base_19930322_113"/>。
6,692

回編集

案内メニュー