コンテンツにスキップ

「聖徳太子」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
|全名=厩戸皇子、厩戸王
|身位=
|敬称=皇子、太子
|お印=
|出生日=[[574年]][[2月7日]]([[敏達天皇]]3年[[1月1日 (旧暦)|1月1日]])
|役職=[[皇太子]]
}}
'''聖徳太子'''(しょうとくたいし、[[敏達天皇]]3年[[1月1日 (旧暦)|1月1日]]([[574年]][[2月7日]]) - [[推古天皇]]30年[[2月22日 (旧暦)|2月22日]]([[622年]][[4月8日]]))は、[[飛鳥時代]]の[[皇族]]、[[政治家]]'''厩戸皇子'''または'''厩戸王'''の後世の呼称。[[用明天皇]]の第二皇子、母は[[欽明天皇]]の皇女・[[穴穂部間人皇女]]。
 
[[推古天皇]]のもと、[[蘇我馬子]]と協調して政治を行い、国際的緊張のなかで[[遣隋使]]を派遣するなど大陸の進んだ文化や制度をとりいれて、[[冠位十二階]]や[[十七条憲法]]を定めるなど[[天皇]]を中心とした[[中央集権]]国家体制の確立を図った他、[[仏教]]を厚く信仰し興隆につとめた。
{{参照方法|date=2011年4月|section=1}}
=== 研究史 ===
[[ファイル:Prince Shotoku.jpg|180px|thumb|「[[唐本御影]]」聖徳太子かれとされる肖像画「唐本御影」この肖像画は8世紀半ばに別人を描いた物であるとする説もある。]]
 
近代における実証的研究には[[久米邦武]]の『上宮太子実録』<ref>『久米邦武歴史著作集 第1巻 聖徳太子の研究』 吉川弘文館 1988年</ref>がある。
* [[日本の書道史]]
* [[日本の書家一覧]]
* [[大阪府立近つ飛鳥博物館]] - 聖徳太子の墓の復元模型がある
* [[聖徳太子 (テレビドラマ)]]
 
969

回編集