「類 (アクセント)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
編集の要約なし
:一類…姉・飴・蟻・牛・枝・顔・柿・風・金・壁・霧・口・国・腰・先・酒・皿・品・袖・棚・<u>誰</u>・壺・爪・<u>どこ</u>・鳥・西・庭・布・箱・端・鼻・羽根・暇・紐・筆・笛・星・的・{{高線|真似}}・右・道・水・虫・森など
::院政期京都で高高 現代京都で高高(高) 東京で低高(高)
:二類…石・岩・歌・音・型・川・紙・北・<u>牙</u>・<u>頃</u>・<u>下</u>・旅・次・梨・<u>蝉</u>・橋・旗・肘・<u>人</u>・昼・冬・町・胸・村・雪・弦・殻・垣・串・塚・蔦など
::院政期京都で高低 現代京都で高低(低) 東京で低高(低)
:三類…足・明日・池・犬・家・色・馬・裏・親・神・髪・{{高線|皮}}・岸・草・靴・熊・<u>雲</u>・倉・事・米・坂・塩・島・谷・{{高線|玉}}・月・土・時・年・波・海苔・墓・恥・花・腹・晴れ・{{高線|豆}}・耳・物・山・指など
匿名利用者

案内メニュー