コンテンツにスキップ

「窃視症」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
 
また圧倒的に男性にこの傾向を持つ者が多いなど[[性差]]は関係するものの、男女共に窃視症の傾向を持つ者は存在しており、必ずしも「男性が女性を覗き見る」とは言えない。日本で実施された大学生へのアンケート結果では、「覗きをしてみたいか?」という問いに対して「一回くらいなら」という程度まで含めると、男性の42.6%、女性では10.8%がしてみたいと答えている。ただし男性の側が「覗きをしてみたいか?」という問いに対して「非常にそう思う」と答えた側が全体の13.8%であるのに対し、女性の場合において「非常にそう思う」と答えたのは1.5%となっており、女性は全般的に覗きに興味を示しにくいといえよう。<ref>矢島正見:性犯罪に対しての男と女の構図_大学生の調査から_.犯罪と非行(2000年)</ref>
 
=== 分類 ===
なお幾つかの下位分類があり、以下のように定義されている。
;Scoptlagnia
:他者の性行為を覗き見することに性的興奮を覚えること。
;Scopophilia
:他者の更衣を覗き見することに性的興奮を覚えること。
;Scoptophilia
:(同意のあった)他者の性器や性行動を見ることによって性的興奮を覚えること。
;troilism
:自分のパートナーが他者と性行為しているのを見ることによって、性的興奮を覚えること。
;Pictophilia
:性的な画像やビデオを見ることで性的に興奮すること。
 
ただ、列記して分かるとおり、これらは思春期などにそのようなシチュエーションで性的興奮を催すことは、だれにでもありうるものである。病的かどうかに関しては、反復してこの欲求が発生するかどうかにも絡む。
 
== その他 ==
匿名利用者