「SAT (大学進学適性試験)」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
m
編集の要約なし
m
m
誰がどの大学で学問を修める学力があるかどうかを判定し、合否の基準にする目的で[[1901年]]に導入され、何度か大幅な改定がなされてきた。またそれに伴い呼称も変わっている。試験は1年間に7回実施され、繰り返し受験することが可能である。
 
同様のテストに、別団体が運営する[http://www.act.org/ ACT (The American College Testing Program)] があり、米国の大学進学には、SATかACTのいずれかのテストの点数の提出が義務づけられている。この点数は米国内で、T-Scoreとか、Deviation value と呼ばれている。Raw Score ではない。200点から800点で表示されるので正解率0でも0点とはされない。米国内のアメリカ人に対しても、米国外からの留学生に対しても平等に SAT か ACT の得点が要求される。SAT や ACT の自己得点を知らないと Common Application の記入が完成しないので大学受験申し込み自体ができない
 
CIEE (国際教育交換協議会)での窓口業務は2005年6月に終了。現在は米国[http://www.collegeboard.com/ College Board] 手続きとなっていが出来る。
 
== テスト内容 ==
; SAT(SATSAT Reasoning Test(旧SAT I)
: 一般にSATと言えばこちらを指す。Critical Reading、Writing、Mathの三教科、それぞれ200点から800点の表示、合計2,400点満点で評価される。
 
; SAT Subject Tests(SATTests(旧SAT II)
: SAT Subject Testsと呼ばれている科目別テスト。[[英語]]、[[歴史]]・[[社会学]]、[[数学]]、[[自然科学]]、[[語学]]の5分野・20科目の中から、一回の試験で最高3つまでを受験できる。各テストはSAT 同様の各200点から800点のスケールで評価される。通常、SAT Subject Tests は大学側が科目も指定している。
 
20

回編集

案内メニュー