「CMLL世界女子王座」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
== 歴史 ==
CMLL女子部創設から2年が経過した1992年に創設された。初代王座は12人によるトーナメント戦で争われ、[[ブル中野]]が獲得し。その後、中野は7月15日に[[大田区体育館]]で[[北斗晶]]を相手に防衛戦を行っている。その後も[[全日本女子プロレス]]においてタイトルマッチ組まれ、1997年に[[駒沢オリンピック公園総合運動場体育館]]大会で[[吉田万里子 (プロレスラー)|吉田万里子]]が[[レディ・アパッチェ]]を破って戴冠を果たしている
 
2011年にREINA女子プロレス(現:[[REINA×WORLD]])が旗揚げされCMLLと提携を結ぶと、再び日本でタイトルマッチが組まれるようになり、[[栗原あゆみ]]が王座奪取を果たした。
 
== 歴代王者 ==

案内メニュー