「リドカイン」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
性質
(エピネフリンに注釈付加)
(性質)
 
プロカインと比較すると脂溶性、タンパク結合能がいずれも高く、麻酔作用、持続時間とも長い。作用時間を長くするにはアドレナリンと併用すればよい。
 
==性質==
リドカインは、白色から微黄色の結晶あるいは結晶性の粉末である。
[[メタノール]]又は[[エタノール]]に極めて[[溶解]]しやすい。
[[酢酸]]あるいは[[ジエチルエーテル]]]に溶解しやすい。水に不溶解である。
希塩酸に溶解する。<ref name="yakkyokuhou">「リドカイン」『日本薬局方』第16改正。1452頁。厚生労働省。(2011-03-24)</ref>
 
なお、リドカインを[[希塩酸]](HCl)に規定量を溶解させて得た塩酸リドカイン(C<sub>14</sub>H<sub>22</sub>N<sub>2O</sub>・HCl)を注射薬とし、[[薬局方|日本薬局方]]において「リドカイン注射液」と称する。
塩酸リドカイン注射液は、水性で無色澄明の液体である。<ref name="yakkyokuhou" />
 
== 薬理作用 ==
== 関連項目 ==
{{ウィキポータルリンク|医学と医療}}
{{commonscat|Lidocaine}}
* [[医学]]
* [[麻酔科学]]
*[http://www.nurs.or.jp/~academy/igaku/i/i514.htm nurs.or.jp/~academy/] - リドカインの概要
*[http://or-nurse.seesaa.net/article/16933067.html オペ・ナース養成講座 ~ 新人手術室看護師のために] - 局所麻酔用キシロカインの使い分け
==脚注==
{{脚注ヘルプ}}
{{Reflist}}
 
{{心血管疾患}}
匿名利用者

案内メニュー