コンテンツにスキップ

「佐官」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
[[英語]]では{{En|field officer}}という(ただし[[海軍]]のみ異なる)。
 
[[大日本帝国軍|日本軍]]では建軍以来大佐・中佐・少佐を纏めた呼称として「'''上長官'''」を用いていたが、海軍は[[1920年]][[1月15日]]に佐官と改め陸軍は[[1937年]][[2月12日]]を以って佐官と称した。顕著な戦功を挙げた者に対し行われる、いわゆる「二階級特進」は佐官の階級に在る者までに留められており、将官は1階級の進級しか行われなかった。「佐」とは[[明治]]新政府が諸外国に倣って建軍した際、[[兵衛府]]・[[衛門府]]など[[律令制]]の職名(→[[日本の官制]])をもとに考案された歴史のある呼称である。
 
[[日本]]の[[自衛隊]]では「佐」の文字を用いるが、[[中国人民解放軍]]や[[中華民国国軍]]では「校」、[[韓国軍]]では「領([[ハングル]]では령)」の字を充てるなど、[[漢字文化圏]]では名称に違いが生じている。