コンテンツにスキップ

「トリプルスリー」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
編集の要約なし
生涯成績では[[張本勲]]が「打率3割以上・本塁打300本以上・盗塁300個以上」を日本プロ野球で唯一記録している。張本は[[1963年]]に33本塁打、41盗塁を記録したが打率.280でトリプルスリーを逃した。
 
[[川上哲治]]は[[1950年]]、[[長嶋茂雄]]は[[1958年]](入団初年度)に、いずれも本塁打1本の差でトリプルスリーを逃した。特に長嶋は一塁を踏み忘れて「幻の本塁打」となった1本があったために記録を逃した。また、[[青田昇]]は1950年に盗塁一つ1個の差でトリプルスリーを逃している。
 
== 達成者 ==
967

回編集