「スピードキング NEO KOBE 2045」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
ネオコウベシティは『[[スナッチャー]]』の舞台であり、背景には同ゲームに登場したコナミ・オムニビルなどの建造物が再現されている。看板などには日本語が多用されている。また、[[MSX]]版スナッチャーや[[メタルギア]]を開発したコナミ社内のチーム名である「METALSLAVE」の名前が随所に見られる。
 
このゲームがリリースされた頃は『[[F-ZERO]]』や『[[ワイプアウト]]』といった、近未来を題材とした高速レースゲームがちょっとしたブームとなっており、この作品も、そのブームにあやかって作成されたゲームと言える。
 
== 内容 ==
匿名利用者

案内メニュー