「ビリー・バトラー」の版間の差分

ナビゲーションに移動 検索に移動
 
== 経歴 ==
[[2004年のMLBドラフト]]で[[カンザスシティ・ロイヤルズ]]から1巡目(全体14位)で指名を受け入団し、同年はルーキー級の[[アイダホフォールズ・チュカーズ|アイダホフォールズ]]でプロ1年目を終えた。{{by|2005年}}はAdv-A級の[[ハイデザート・マーベリックス|ハイデザート]]とAA級の[[ウィチタ・ラングラーズ]]に在籍し、[[カロライナリーグ]]の最優秀新人に選出された<ref>{{Cite web|date=September 20, 2005|url=http://kansascity.royals.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20050920&content_id=1216936&vkey=pr_kc&fext=.jsp&c_id=kc|title=Royals announce Player and Pitcher of the Year winners for Minor League affiliates|work=MLB.com|language=英語 |accessdate=2010年9月3日 }}</ref>。{{by|2006年}}もウィチタでプレイ。119試合に出場して、打率.331・15本塁打・96打点という成績を残し、[[オールスター・フューチャーズゲーム]]ではMVPに選出された<ref>{{Cite web|last=Molony|first=Jim|date=July 9, 2006|url=http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20060709&content_id=1549522&vkey=allstar2006&fext=.jsp|title=Royals prospects shine in Futures Game|work=MLB.com|language=英語 |accessdate=2010年9月3日 }}</ref>
 
{{by|2005年}}はAdv-A級の[[ハイデザート・マーベリックス|ハイデザート]]とAA級の[[ウィチタ・ラングラーズ]]に在籍し、[[カロライナリーグ]]の最優秀新人に選出された<ref>{{Cite web|date=September 20, 2005|url=http://kansascity.royals.mlb.com/news/press_releases/press_release.jsp?ymd=20050920&content_id=1216936&vkey=pr_kc&fext=.jsp&c_id=kc|title=Royals announce Player and Pitcher of the Year winners for Minor League affiliates|work=MLB.com|language=英語 |accessdate=2010年9月3日 }}</ref>。
 
{{by|2006年}}もウィチタでプレイ。119試合に出場して、打率.331・15本塁打・96打点という成績を残し、[[オールスター・フューチャーズゲーム]]ではMVPに選出された<ref>{{Cite web|last=Molony|first=Jim|date=July 9, 2006|url=http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20060709&content_id=1549522&vkey=allstar2006&fext=.jsp|title=Royals prospects shine in Futures Game|work=MLB.com|language=英語 |accessdate=2010年9月3日 }}</ref>。
 
{{by|2007年}}5月1日にメジャーデビューを果たしたが、10試合にメジャーで出場した後にマイナーへ降格。6月19日に[[マイク・スウィーニー]]が故障者リスト入りしたため、メジャーに復帰<ref>{{Cite web|last=Nicholl|first=Conor|date=June 19, 2007|url=http://kansascity.royals.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20070619&content_id=2036620&vkey=news_kc&fext=.jsp&c_id=kc|title=Notes: Sweeney placed on DL|work=MLB.com|language=英語 |accessdate=2010年9月3日 }}</ref>。同年、ロイヤルズで92試合に出場し、打率.292・8本塁打・52打点の成績でメジャー1年目を終えた。
 
{{by|2008年}}は、前半戦終了時点で2本塁打・19打点という数字しか残せていなかった。しかし、後半戦は57試合の出場で、打率.305・9本塁打・36打点という成績を残した。{{by|2009年}}はチーム1位となる183安打・51二塁打・58四球・93打点を記録。二塁打は[[ハル・マクレー]]に次いで球団歴代2位となった<ref>{{Cite web|url=http://www.baseball-reference.com/teams/KCR/leaders_bat.shtml|title=Kansas City Royals Top 10 Batting Leaders|work=Baseball-Reference.com|language=英語 |accessdate=2010年9月3日 }}</ref>
{{by|2009年}}はチーム1位となる183安打・51二塁打・58四球・93打点を記録。二塁打は[[ハル・マクレー]]に次いで球団歴代2位となった<ref>{{Cite web|url=http://www.baseball-reference.com/teams/KCR/leaders_bat.shtml|title=Kansas City Royals Top 10 Batting Leaders|work=Baseball-Reference.com|language=英語 |accessdate=2010年9月3日 }}</ref>。
 
{{by|2011年}}[[1月22日]]に4年3000万ドル(オプションも含めると最大で5年4250万ドル)でロイヤルズと契約を延長した<ref>Paylor, Terez A.(2011-01-22). [http://www.kansascity.com/2011/01/22/2603140/butler-looking-to-help-royals.html Billy Butler agrees to four-year, $30 million extension with Royals]. KansasCity.com(英語). 2011年12月11日閲覧</ref>。
 
{{by|2012年}}は、キャリアで初めて[[2012年のMLBオールスターゲーム|オールスター]]に選出された。<ref>http://mlb.mlb.com/news/article.jsp?ymd=20120701&content_id=34263550&vkey=news_mlb&c_id=mlb</ref>
 
== 年度別打撃成績 ==
22,473

回編集

案内メニュー