コンテンツにスキップ

「天候不順以外で中止・打ち切りになった日本プロ野球の試合」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
*1951年8月19日 [[中日ドラゴンズ|名古屋]] - [[読売ジャイアンツ|巨人]]([[ナゴヤ球場|中日球場]])
:午後4時前に3回裏の中日の攻撃中に火災が発生し、球場や球場事務所、周辺の民家等が全焼。予定していた試合は鳴海球場などに振替となった。
*1954年7月24日 [[東京ヤクルトスワローズ|国鉄]] - [[松竹ロビンス|松竹]]([[後楽園球場]])
:4回の国鉄の攻撃中に停電が発生。復旧の見通しが立たないために33分の中断の後にノーゲームとなった。
*1956年6月23日 [[横浜DeNAベイスターズ|大洋]] - [[阪神タイガース|阪神]]([[川崎球場]])
:試合中に停電事故が発生し、復旧作業を急ぐも回復しなかったため試合中止となった。
*1964年6月30、7月1、2日 [[広島東洋カープ|広島]] - 阪神([[広島市民球場 (初代)|広島市民球場]])
:30日の試合の2回裏、広島の[[阿南準郎]]選手のプレーにおける審判の判定をめぐって抗議が発生。ファンが試合の早期再開を訴るも、2時間29分にわたる中断ののち、審判が選手の体調や観客の足を考慮してノーゲームを宣告。これにより怒ったファンがグラウンドに乱入して防球ネットや放送ブースなど場内の施設を破壊し、修理を要するために1日と2日の試合は取り消しとなった。
*1975年7月26日 中日 - 広島(中日球場)
:2回表の広島の攻撃中に三塁側の内野席裏の照明灯の照明が全て消灯し、試合を中断した上で復旧作業を行うも復旧せず、審判と双方の監督が協議した結果、ノーゲームとなった。
*1972年4月23日 阪神 - 広島(甲子園球場)
*1973年4月28、29日 大洋 - 広島([[宮城球場|県営宮城球場]])
*1974年4月11日 ヤクルト - 中日(神宮球場)、大洋 - 巨人([[川崎球場]])、広島 - 阪神([[広島市民球場 (初代)|広島市民球場]])、ロッテ - 近鉄([[後楽園球場]])、南海 - 太平洋([[大阪球場]])
*1974年4月12日 日本ハム - ロッテ(後楽園球場)、阪急 - 南海(阪急西宮球場)
*1975年5月8日 ロッテ - 阪急(後楽園球場)
*1979年7月13日 日本ハム - 南海(後楽園球場)
:日生球場で近鉄戦の試合をし、当日移動で上京した南海の選手ユニフォームや野球用具を積載した[[貨物自動車|トラック]]が[[東名高速道路]][[日本坂トンネル]]の[[日本坂トンネル火災事故|火災事故]]による大渋滞に巻き込まれて動けなくなり球場に到着できず、開催中止。
 
== 判定トラブルと後続試合の時間の確保のため中止 ==
*1941年5月20日 阪神 - 阪急(後楽園球場)
:7回表、阪急・[[日比野武]]の二塁盗塁の際、[[島秀之助]]塁審が一旦アウトの判定をした後、阪急側の抗議で判定をセーフに変更し、阪神側も抗議をしたため試合が紛糾。1時間以上中断した後、後に第2試合が控えていたこともあって審判団はノーゲームを宣告し再試合を行うこととした。(当時は「7回を終了しないと試合が成立しない」という規定であり、またナイター設備もなかった。)
 
== 他のイベント日程の関係で中止 ==
*1944年6月17日 東西対抗試合(後楽園球場)
:[[アメリカ軍]]の航空部隊が東京を[[空襲]]し開催中止となった。
*1942年4月18日 名古屋 - 阪神(甲子園球場)、巨人 - 黒鷲(後楽園球場)
*1942年4月21日 阪神 - [[西鉄軍|大洋]](甲子園球場)
:この23試合は空襲警報発令された為に、巨人 - 黒鷲戦が中止、他の2試合が打ち切りとなった。4月18日の空襲には[[ドーリットル空襲]]という別名がついている。この後、[[日本野球連盟 (プロ野球)|日本野球連盟]]は空襲警報発令時の対応マニュアルを急遽作成して全チームに通達した。
 
== 日本シリーズの出場チームが決まらずに中止 ==
967

回編集