コンテンツにスキップ

「栗林さみ」の版間の差分

編集の要約なし
編集の要約なし
|備考=
}}
'''栗林 紗美さみ'''(くりばやし さみ、[[1987年]][[1月4日]] - )は、[[フリーアナウンサー]]、元[[テレビ新潟放送網]]アナウンサー。
本名は、栗林紗美。
 
== 来歴 ==
* お台場レインボーステーションのパーソナリティも勤めていた。
* [[2009年]]4月にテレビ新潟放送網へ入社、3年3ヶ月在職。
* [[2009年]]7月 [[おもいッきりDON!]]に[[ザ・たっち]]のマドンナ役で出演。
* [[2010年]][[4月27日]]付東京スポーツ発掘女子アナ&リポーターに掲載。
* [[2010年]]11月 「開局30周年感謝祭 TeNY博だよ新潟一番」内、“栗林紗美の県内充走! ランスタイル”にて、柏崎~新潟市産業振興センターまでの、新潟県内100㎞走を完走。スポーツニッポンでは数週間に渡り連載された。
* [[2011年]][[2月20日]]、毎年恒例の祭事である第70回分水おいらん道中のおいらん役の「桜太夫」に選ばれた。きっかけは同年[[2月8日]]の「新潟一番」放送の[[ラーメンの旅]]で新潟県[[燕市]](旧分水町)をロケした途中、おいらん役の募集を発見しすぐに応募。一次、二次審査が通り決定された。通常は一般女性を対象にしているが、彼女の場合はアナウンサーとして応募していたため、新聞などでは「会社員」として表記されている。栗林自身もおいらん役に選ばれた後の取材をうけた事に関して「きっかけがラーメンの旅という理由もあって赤いチャイナ服(ラーメンの旅の衣装)を着た。」と話している(同年[[2月21日]]の「新潟一番」放送より)。しかし、この年の4月17日に行われる予定だった分水おいらん道中は[[東日本大震災]]の発生に伴って自粛、中止となったため出番はなく、おいらん役の権利は翌年に持ち越しになった。そして[[2012年]][[4月15日]]に、無事、おいらん役を果たす。
* [[2011年]][[8月19日]]新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ劇場にて、劇団APRICOT誕生10周年記念ミュージカル「スーホの白い馬」に出演。「王の娘」という役を演じた。元宝塚トップスター高汐巴と共演している。
* [[2012年]][[4月]]、2年余りMCを務めてきた「シネマれびゅー」を卒業。
* [[2012年]][[6月30日]]付でテレビ新潟放送網を退職することを公表<ref>[http://www.teny.co.jp/ana/kuribayashi/kinkyo-kuribayashi.html 栗林紗美の近況報告] テレビ新潟放送網アナウンサーブログ 2012年6月29日付</ref>し、退職。
* [[2012年]]7月より、[[ホリプロ]]アナウンス室所属となる<ref>[http://ameblo.jp/kurisami/theme-10055895302.html 栗林さみのオフィシャルブログ「栗林さみのおもちゃ箱」]2012年7月21日付</ref>。
*フリーになって初めてのレギュラーは、[[戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜]]ミュージック・トゥナイト司会。
 
== 人物 ==
* 趣味:ミュージカル、ポップアップ絵本研究、イラスト描き。
* 資格:学芸員、英検2級、漢検2級、ニュース検定2級、ネイリスト、フードアナリスト。
* [[2009年]]7月 [[おもいッきりDON!]]に[[ザ・たっち]]のマドンナ役で出演。
* [[2010年]][[4月27日]]付東京スポーツ発掘女子アナ&リポーターに掲載。
* [[2010年]]11月 「開局30周年感謝祭 TeNY博だよ新潟一番」内、“栗林紗美の県内充走! ランスタイル”にて、柏崎~新潟市産業振興センターまでの、新潟県内100㎞走を完走。スポーツニッポンでは数週間に渡り連載された。
* [[2011年]][[2月20日]]、毎年恒例の祭事である第70回分水おいらん道中のおいらん役の「桜太夫」に選ばれた。きっかけは同年[[2月8日]]の「新潟一番」放送の[[ラーメンの旅]]で新潟県[[燕市]](旧分水町)をロケした途中、おいらん役の募集を発見しすぐに応募。一次、二次審査が通り決定された。通常は一般女性を対象にしているが、彼女の場合はアナウンサーとして応募していたため、新聞などでは「会社員」として表記されている。栗林自身もおいらん役に選ばれた後の取材をうけた事に関して「きっかけがラーメンの旅という理由もあって赤いチャイナ服(ラーメンの旅の衣装)を着た。」と話している(同年[[2月21日]]の「新潟一番」放送より)。しかし、この年の4月17日に行われる予定だった分水おいらん道中は[[東日本大震災]]の発生に伴って自粛、中止となったため出番はなく、おいらん役の権利は翌年に持ち越しになった。そして[[2012年]][[4月15日]]に、無事、おいらん役を果たす。
* [[2011年]][[2月22日]]放送のラーメンの旅にて、新潟県立胎内ライフル射撃場にてレーザーピストルを体験した際、ピストル射撃の才能があることが分かった。前述の分水おいらん道中のおいらん役に選ばれたことから「おいらん娘」、ラーメンの旅5代目「ラーメン娘」とすでにいくつかの肩書があるが、今度から「ピストル娘」とも名乗れるかもしれないと本人が話した。
 
* [[2011年]][[8月19日]]新潟市民芸術文化会館りゅーとぴあ劇場にて、劇団APRICOT誕生10周年記念ミュージカル「スーホの白い馬」に出演。「王の娘」という役を演じた。元宝塚トップスター高汐巴と共演している。
==現在の出演番組==
* [[2012年]][[4月]]、2年余りMCを務めてきた「シネマれびゅー」を卒業。
*[[戦国鍋TV〜なんとなく歴史が学べる映像〜]] ミュージック・トゥナイト司会
 
== 過去の出演番組 ==
3

回編集